ケルンの選手たちは25年ぶりの欧州カップ戦出場を街の人々とともに喜んだ - © © gettyimages / Juergen Schwarz/Bongarts
ケルンの選手たちは25年ぶりの欧州カップ戦出場を街の人々とともに喜んだ - © © gettyimages / Juergen Schwarz/Bongarts
ブンデスリーガ

EL出場決定でケルンは大パニック!

マインツとの今季最終戦で2ー0の勝利を収めたケルンが、土壇場で7位から5位に浮上して欧州リーグ(EL)の出場権を手に入れた。25年ぶりとなるヨーロッパの舞台への返り咲きに、派手なカーニバルで知られる街が季節外れのメガパーティーに沸いた。

頭の固いセキュリティーとの攻防戦

ケルンの選手たちは試合後の記者会見場に乱入し、ペーター・シュテーガー監督にビールをかけるという手荒い祝福でシーズンを締めくくった。しかし、このミッション遂行に“セキュリティーの突破”という関門が立ちふさがる。任務に燃えるセキュリティーは、お世辞にもきちんとした身なりとは言えない姿で通路に現れた選手たちを「ここは通れません!」と次々と突っぱねた。

しかし、ここで救世主が登場。アレクサンダー・ウェアレCEOが会見場に潜入できるよう取り計らうと、選手たちはシュテーガー監督の到着前にXXLサイズのビールジョッキを持ってそこかしこに身を隠した。満を持して主役のシュテーガーが登壇し、コメントを残して席を立とうとしたその瞬間、「イヤァー!」という野太い掛け声とともにビールの泡が飛び散り、選手たちの“作戦”は大成功に終わった。

- © imago / mika
- © imago / Jan Huebner