Summary

  • ELグループステージ第6節、レッドスター対ケルン
  • ケルンは勝てば決勝トーナメント進出
  • ケルン大迫は先発予想

欧州リーグ(EL)のグループステージ第6節でケルンがレッドスター・ベオグラードと敵地で対戦する。ケルンはこの試合で勝ち点3を奪うことができればラウンド32進出が決定する。

最新情報

今季ブンデスリーガでいまだ勝ち星がないケルンは、12月2日の第14節で好調シャルケと対戦。2度にわたって追いつく粘りを見せて引き分けに持ち込んだものの、翌3日に4年半チームを率いたペーター・シュテーガー監督の解任に踏み切った。クラブはUー19チームを率いていたシュテファン・ルーテンベック氏を暫定監督に据えたが、新指揮官はシャルケ戦で脳しんとうと診断されたDFヤン・ビセクを始め、多くの主力を欠いて初陣に臨むことになる。

一方のレッドスターは9月のケルン戦で得点を挙げて以来、ELではノーゴールが続いている。それでも、引き分け以上の結果を残せばグループ2位での決勝トーナメント進出が確定する。欠場予定の選手は足首のケガで10月から戦列を離れているFWリカルジーニョと中足骨骨折のMFブランコ・ヨビチッチのみ。

© imago / Chai v.d. Laage

予想ラインナップ

レッドスター・ベオグラード(4ー3ー1ー2)
ボージャン;ストイコビッチ、ルタレク、バビッチ、ロディッチ;ゴベリッチ、ドナルド、ミリッチ;カンガ;ボアキエ、ペシッチ

ケルン(3ー5ー2)
T・ホーン;クリュンター、ソ-レンセン、J・ホーン;オルコフスキ、ヨイッチ、レーマン、エツチャン、ラウシュ;大迫、ギラシ

関連データ

  • ケルンが決勝トーナメント進出を決めると、開幕3連敗からグループステージを突破した初めてのチームとなる
  • 第14節のシャルケ戦で2得点を挙げたケルンのセール・ギラシはELでも得点を挙げている
  • ケルンにとってはシュテファン・ルーテンベック暫定監督の初采配試合となる
  • ケルンのミロシュ・ヨイッチが初めてプロ契約を結んだチームはレッドスターのライバルでもあるパルチザンだった
  • レッドスターは欧州カップ戦のホームゲーム過去7試合で1失点以上喫していない