Summary

  • DFB杯3回戦マインツ対シュトゥットガルトが12月19日に開催
  • シュトゥットガルトのウォルフ監督が前日会見を実施

浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは12月19日、武藤嘉紀が所属するマインツと、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準々決勝進出をかけて戦う。年内最後の公式戦となるこの試合を翌日に控え、シュトゥットガルトのハネス・ウォルフ監督が公式会見に出席した。

その中で同監督は、「次のラウンドに進みたいですね。そのために全力を出していきます」と抱負を語り、現在ブンデスリーガ4連敗中であることに関しては「マインツで良い結果を収め、チームの雰囲気を良い方向に導きたいと思います」とコメントした。

またこの試合には約4500人のシュトゥットガルトファンが敵地に詰めかける予定。それについてウォルフ監督は「我々のサポーターもきっと全力で応援してくれるはずです。ピッチ上の戦いも熱を帯びたものになるでしょうね。きっと拮抗したゲームになると思います」と話している。