Summary

  • DFB杯2回戦、マクデブルク対ドルトムント
  • ドルトムントが後半のゴールラッシュで5ー0の勝利
  • フル出場の香川は1ゴール1アシストの活躍

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の2回戦が10月24日に行われ、香川真司所属のドルトムントが敵地でマクデブルク(3部)に5ー0で快勝した。香川は1ゴール1アシストを記録した。

マクデブルク 0ー5 ドルトムント

アイントラハト・フランクフルトとのリーグ戦から中2日で試合に臨んだドルトムントは、オバメヤン、ゲッツェ、プリシッチら主力数名を温存。一方で故障が癒えたキャプテンのシュメルツァーが先発復帰、長期離脱していたゲレイロ、シュアレも久しぶりのベンチ入りを果たした。

ドルトムントは開始3分にCKからいきなり決定機を迎えるが、フィリップのシュートは左ポストを直撃。セカンドボールに反応したイザックのシュートもGKにセーブされた。その後も主導権を握り、23分には香川の浮き球のパスに抜け出したヤルモレンコがシュートに持ち込むが、これもGKがセーブ。35分過ぎには相手選手との接触プレーで首筋を痛めたダフートがプレー続行不可能となり、急遽カストロがピッチに送り出された。

試合が動いたのは42分、右サイドを突破したヤルモレンコのクロスをゴール前のイザックが頭で落とすと、交代で入ったばかりのカストロがダイレクトボレーで押し込み、ようやくマクデブルクゴールをこじ開けることに成功する。

© imago / MIS

後半立ち上がりの47分には相手CKをしのいだところからドルトムントのカウンターが発動。香川、ヤルモレンコ、フィリップとつないだボールを最後はイザックが流し込んで追加点を挙げる。

63分にはシュメルツァーに代わってゲレイロが今季公式戦初出場。72分にはそのゲレイロのクロスが相手DFのハンドを誘いPK判定。これをヤルモレンコが確実に決めて3点差とする。

ここからは香川が魅せる。79分、ショートコーナーから正確なクロスを供給してバルトラのヘディングゴールをアシストすると、試合終了間際の90分にはフィリップのヒールパスを受けてペナルティーエリア内に侵入。最後は鋭い切り返しで相手DF1人をかわし、チーム5点目を決めた。

© imago / imago/foto2press

【得点】
ドルトムント:カストロ(42分)、イザック(47分)、ヤルモレンコ(74分/PK)、バルトラ(79分)、香川(90分)

【ラインナップ】
マクデブルク(4ー2ー3ー1)
ブルンスト;ブッツェン、シェーファー、ハマン、ニーマイヤー;バイル(61分 ローター)、エアトマン(82分 ハントケ);テュアピッツ(82分 チャヘド)、ソビスロ、ローケンパー;ベック

ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;バルトラ、ソクラティス、ザガドゥ、シュメルツァー(63分 ゲレイロ);香川、シャヒン、ダフート(41分 カストロ);ヤルモレンコ、イザック(74分 シュアレ)、フィリップ