2ゴールを挙げてマン・オブ・ザ・マッチに選出されたマインツの武藤 - © © imago / Agentur 54 Grad
2ゴールを挙げてマン・オブ・ザ・マッチに選出されたマインツの武藤 - © © imago / Agentur 54 Grad

DFB杯1回戦、2日目ハイライト

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の1回戦2日目が8月12日に行われ、日本人選手所属のマインツ、ドルトムント、アイントラハト・フランクフルト、ケルンが順当に勝利を収めた。

この日、日本人選手の中でひときわ存在感を示したのがリューネブルガーSK(4部)戦に先発出場したマインツの武藤嘉紀だ。1トップに入った武藤は13分に頭で先制ゴールを挙げると、同点に追いつかれて迎えた44分にはPKを獲得してダニエル・ブロジンスキの勝ち越しゴールをお膳立て。さらに60分には自ら2点目をマークしてチームを3ー1の勝利に導いた。

- © imago
- © gettyimages / Adam Pretty
- © imago / Jan Huebner