Summary

  • DFB杯決勝プレビュー、バイエルン対フランクフルト
  • バイエルンは最近7シーズンで5度目の決勝進出
  • フランクフルトは2年連続の決勝進出。長谷部は先発予想

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝が5月19日、ベルリンのオリンピア・シュターディオンで行われる。ファイナルに駒を進めたのは、今季2つ目のタイトル獲得を目指すブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンと、2シーズン連続の決勝進出を果たしたアイントラハト・フランクフルト長谷部誠はタイトルとともにシーズンを締めくくることができるか。

最新情報

バイエルンは準決勝でレーバークーゼンに6ー2の大勝を収め、直近7シーズンで5度目の決勝進出を果たした。内転筋を痛めたジェローム・ボアテング、同じく負傷中のアリエン・ロッベンは決勝を欠場するが、最終節で左足を負傷したマッツ・フメルスは問題なく出場する予定。また、約8カ月戦列を離れていたマヌエル・ノイアーも実戦復帰の可能性がある。なお、ユップ・ハインケス監督にとってはこの試合が指揮官としてのラストマッチとなる。

対するフランクフルトは2シーズン連続での決勝進出。来季からバイエルンの監督に就任することが決まっているニコ・コバチ監督にとっては、フランクフルトでの最後の指揮となる。ブンデスリーガでは最終節でシャルケに敗れて8位に転落し、来季の欧州リーグ(EL)出場権を得るためにはDFB杯優勝が絶対条件となる。出場停止のジェルソン・フェルナンデスを除けばメンバーは万全。昨年のリベンジを果たす意味でも是が非でも勝利したい一戦だ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

予想ランナップ

バイエルン・ミュンヘン(4ー3ー3)
ウルライヒ;キミッヒ、ズューレ、フメルス、ラフィーニャ(アラバ);ティアゴ(トリッソ)、ハビ・マルティネス、ハメス:ミュラー、レバンドフスキ、リベリ

アイントラハト・フランクフルト(3ー4ー2ー1)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、サルセド(ファレット);ダコスタ、マスカレル、ボアテング、チャンドラー(ウィレムス);ウォルフ、ヨビッチ(ガチノビッチ);レビッチ

関連データ

  • 両チームは2006年の決勝でも対戦し、その時はクラウディオ・ピサロの決勝ゴールでバイエルンが優勝。フランクフルトではマーコ・ルスとアレクサンダー・マイヤーが出場していた
  • フランクフルトは2010年3月以来、公式戦でバイエルンに勝利していない
  • DFB杯のトップスコアラーはここまで5得点のロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)。トーマス・ミュラー(バイエルン)とセバスティアン・ハラー(フランクフルト)が4得点で続く
  • フランクフルトは今季のDFB杯でわずか1失点。1失点での決勝進出は2015年のウォルフスブルク以来で、その時はウォルフスブルクが優勝を果たしている
  • フランクフルトのコバチ監督はバイエルンでプレーしていた2002/03シーズンにDFB杯で優勝を経験している

© gettyimages