Summary

  • フランクフルト、30年ぶりのDFB杯制覇
  • 2年半チームを率いたコバチ監督、インタビュー
  • 来季からはバイエルン監督に就任

長谷部誠と鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルトは5月19日に行われたドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝で、バイエルン・ミュンヘンを3ー1で下し、30年ぶりの優勝を飾った。この試合がフランクフルトでのラストゲームとなり、来季からはバイエルン監督に就任するニコ・コバチ監督に現在の心境を聞いた。

ーーコバチ監督、DFB杯を制し、フランクフルトを去ることになりました。現在の心境を教えてください。

コバチ うれしいですし、幸せですし、選手たちを誇りに思います。また、我々を信じ、サポートしてくれたクラブとファンのことも。私がもう一度、(決勝が開催される)ベルリンへ行きたいと発言したことをご存知の方もいると思いますが、それを達成することができました。信じていれば、その思いが行動に影響します。フランクフルトは30年ぶりにお祝いすることができますね。

ーースタジアムのファンの前で、感情を露わにされましたね。

コバチ 私は感情的な人間であり、喜怒哀楽を見せます。だから、それを恥ずかしいとは思っていません。2年半前に選んだ道がこのような形で終わりを迎えたので、ほっとしたうれし涙でした。

ーー今回のゼロトップという戦術には驚きました。

コバチ 戦術はかなり良かったと思います。中盤に人が多くいましたから。我々の目標は先制でした。速さもありましたね。

ーー「速い」と言えば、アンテ・レビッチ選手ですが、2得点を挙げました。同選手のフランクフルトでの成長をどのように感じていますか?

コバチ アンテは長い期間、負傷していました。クロアチア代表としてアメリカ遠征から帰ってきた後、4、5試合を欠場しました。彼が重要な選手であることは、皆は以前から分かっていました。彼の成功がうれしいです。昨年の決勝でもゴールを挙げましたし、ベルリンと相性が良いのかもしれませんね。

© gettyimages / Baron

ーーレビッチ選手は試合後に喜びのあまり、コバチ監督に抱きつき、押し倒していましたね。彼に罰を与えますか?

コバチ 私は柔道を習っていたので、立ったまま持ち堪えられると思っていたんですが、彼があまりに巨漢だったので、無理でした。多くの人が彼のことを難しい性格、悪い奴と思ってるかもしれませんが、私は彼のことを長いこと面倒みています。従順な少年で、いい奴なんですよ。彼をどう取り扱うべきかを理解し、1、2回は大目に見てやること必要です。だから、今回突き飛ばされたことは許しましょう。

ーーフェリックス・ツバイヤー主審は試合終了間際、ビデオ判定でバイエルンにPKではなく、 CKの決断を下しました。

コバチ ビデオ判定を受け入れることは常に非常に難しいです。今回のように自分たちに対するものは。主審が我々にとって正しい決断を下してくれて良かったです。PKを与えることもできたので、我々にとっては幸運でした。

© gettyimages / Hassenstein

ーーフレディ・ボビッチ取締役はこのサクセスストーリーで、どのような役割を果たしましたか?

コバチ フレディの成功は非常にうれしいです。彼とブルーノ・ヒュープナーSDは四六時中、クラブのために働いていますから。これは彼にとって紛れもなく成功です。我々は一緒にいくつかのことを成し遂げましたし、ドイツ・スーパーカップ(※)で対戦するのが楽しみです。

(※)シーズン開幕前に前年のブンデスリーガとDFB杯の優勝チームが対戦する。コバチ監督は来季からバイエルン監督に就任するため、2018/19シーズンのリーグ開幕前に同大会でフランクフルトと激突する

ーー来季からバイエルンの監督になりますが、フランクフルトとのお別れはより難しくなりましたか? それともより楽になりましたか?

コバチ この2年半、チームを成功へ導くために全てのことをしました。まだ、ミュンヘンでのことは全く考えておらず、フランクフルトにタイトルをもたらすことだけが重要でした。この素晴らしいクラブ、素晴らしいファンとのお別れは難しいものではありますが、美しいのものになりました。

ーー多くのファンが監督交代のニュースにひどく腹を立てていましたし、今回の決勝前にもブーイングがありました。

コバチ それでもやはり、私は彼らが毎週サポートしてくれたことにとても感謝しています。試合後、ファンたちは私の名前を呼んでくれたので、認めてもらえたのだと思ってます。