バイエルンは欧州カップ戦においてレアル・マドリードと数々の名勝負を繰り広げてきた - © © gettyimages
バイエルンは欧州カップ戦においてレアル・マドリードと数々の名勝負を繰り広げてきた - © © gettyimages

CL版“クラシコ”5番勝負

バイエルン・ミュンヘンは4月12日、レアル・マドリード(スペイン)との欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグに挑む。今回で23回目となる対戦を前に、両チームの過去の名勝負を振り返る。

2011/12シーズン 準決勝
バイエルン・ミュンヘン 3ー3(3PK1) レアル・マドリード

ミュンヘンで行われたファーストレグだけでも十分に劇的な展開だった。試合はフランク・リベリとメスト・エジルがそれぞれゴールを挙げて1ー1。この時点でアウェーのレアルは引き分けで試合を終わらせようとしていたはずだ。しかし90分、フィリップ・ラームのクロスをマリオ・ゴメスが押し込んでバイエルンが勝ち越しに成功。土壇場のゴールで勝利をもぎ取った。

迎えたセカンドレグでは、クリスティアーノ・ロナウドが序盤に2ゴールを奪い、2試合合計でレアルがリード。しかし、元レアルのアリエン・ロッベンがゴールを挙げて古巣のサポーターにその実力を見せつける。その後は両チームともに相手を突き放すことができず、トータルスコア3ー3のままPK戦に突入。ここで本領を発揮したのがマヌエル・ノイアーだった。バイエルンの守護神はロナウドとカカーのPKを見事にストップ。最後はユース育ちのバスティアン・シュバインシュタイガーがゴールネットを揺らし、アリアンツ・アレーナで行われるファイナルへ駒を進めた。レアルでPKを成功させたのは現バイエルン所属のシャビ・アロンソだけだった。