Summary

  • 11月1日にCLグループステージ第4戦、ポルト対ライプツィヒが開催
  • ハーゼンヒュットル監督とベルナルドが前日会見に出席

11月1日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4戦ポルト(ポルトガル)戦に向け、ライプツィヒは10月31日、現地で公式会見を行い、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督とベルナルドが出席した。両者のコメントは下記のとおりとなっている。

【ラルフ・ハーゼンヒュットル監督】

決勝トーナメント進出のためには、勝利がとてつもなく大きな一歩になります。我々も16強に残る候補者である、ということを示すため、ホームでの第3戦の勝利は非常に重要でした。明日の試合も同じような結果になることを願っています。開始からしっかりと戦い、攻撃でもアクセントを見せるなど、イスタンブールでの試合よりも良い内容にしなければなりません。(この会見に出席している)ベルナルドは1対1にとても強く、このチームで最も素晴らしいDFの1人です。とても信頼できる選手ですし、ブルマの通訳をやってくれるという点でも非常に助かっています。そしてナビ・ケイタですが、試合に間に合うかどうか、まだ見極めなければなりません。いずれにしましても、敗戦以外の結果であれば、我々は満足できるでしょう。

【ベルナルド】

ポルトにはイケル・カシージャスのようなワールドクラスの選手がいますから、きっと厳しい試合になるでしょう。明日の試合では勝ち点を獲得したいですし、少なくとも1ポイントを取ることができれば、(決勝トーナメント進出に向けて)かなり大きいですね。