12分にレバンドフスキのPKが決まりバイエルンが先制。後半にも2点を追加し、アンデルレヒトに勝利した - © © imago
12分にレバンドフスキのPKが決まりバイエルンが先制。後半にも2点を追加し、アンデルレヒトに勝利した - © © imago

CL初戦、バイエルンがアンデルレヒトに順当勝ち

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1戦が9月12日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でアンデルレヒト(ベルギー)と対戦し、3ー0で勝利した。 バイエルン・ミュンヘン 3ー0 アンデルレヒト

最初に決定機を作り出したのは、地力で勝るバイエルンだった。9分、左サイドからリベリがセンタリングを放り込み、DFの間へ走り込んだハメスが頭で合わせるも、ボールはGKの正面に飛んでしまった。

すると11分、試合が大きな動きを見せる。トリッソがアンデルレヒト最終ラインの裏へロングボールを蹴ると、抜け出したレバンドフスキがペナルティーエリア内でクムスに倒され、バイエルンはPKを獲得。このプレーでクムスは一発退場となり、12分にレバンドフスキ自ら冷静にネットへ沈め、幸先良く先制点を奪った。

33分には、アンニが左からマイナス方向へグラウンダーセンタリング。トレベルが左足をダイレクトで振り抜き、アンデルレヒトがこの試合初めてのシュートを放ったが、ノイアーの正面を突いてしまう。前半はバイエルンが終始ボールを保持しながらも追加点を奪えないまま、ハーフタイムへ突入した。

- © imago
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA