Summary

  • 2017/18シーズンのブンデスリーガは残り5試合
  • CL出場権争いに絡む6チームの現状をチェック
  • 日本人所属のドルトムント、フランクフルトも上位争いに参戦中

2017/18シーズンの優勝争いは決着したが、今季のブンデスリーガからはまだまだ目が離せない。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権をめぐる争いは5試合を残していまだ6チームが絡む大混戦となっている。UEFAの規定変更により、2018/19シーズンからはブンデスリーガの1位から4位にCL本戦の出場権が与えられる。1枠はすでにバイエルン・ミュンヘンが確保。残り3枠を争うチームの状況とクラブの命運を握るキーマンを紹介する。

シャルケ(2位:勝ち点52 得点45・失点33

ブンデスリーガで6連勝と好調を維持していたが、前節は最下位ハンブルガーSVにまさかの逆転負け。3位ドルトムントとの勝ち点差「1」、4位レーバークーゼンとの勝ち点差も「4」と2位の座を脅かされている。それでも今週末に迎えるドルトムントとのルール・ダービーを制することができれば、4位以内でシーズンを終える可能性はグッと高くなる。4月28日に行われるドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝とリーグ最終節で対戦するアイントラハト・フランクフルト戦も大きなポイントになりそうだ。

終盤戦のキーマン:ドメニコ・テデスコ監督
シャルケのチームプレーがうまく機能しているのは、テデスコ監督の手腕によるところが大きい。指揮官は32歳という若さ、ブンデスリーガ初采配であっても、強豪チームとわたり合えることを証明してきた。2014/15シーズン以来のCL出場権獲得は、引き続き指揮官が手腕を発揮できるかどうかに懸かっている。

残り5試合の対戦
第30節:ドルトムント(H)
第31節:ケルン(A)
第32節:メンヘングラートバッハ(H)
第33節:アウクスブルク(A)
第34節:アイントラハト・フランクフルト(H)

© gettyimages

ドルトムント(3位:勝ち点51 得点57・失点39

今季はジェットコースターのような急上昇と急降下を繰り返してきた。ほぼ完璧なスタートを切りながら、第8節から8戦未勝利でクリスマス前にペーター・ボス監督を解任。ペーター・シュテーガー監督の就任後はブンデスリーガ12試合無敗を記録したものの、第28節の「デア・クラシカー」でバイエルンに0ー6と大敗を喫した。前節のシュトゥットガルト戦で3ー0の快勝を収めて持ち直したが、今後の対戦相手にはCL出場権争いのライバルであるシャルケ、レーバークーゼン、ホッフェンハイムが含まれている。これらの試合をどう乗り切るか。命運は自分たちが握っている。

終盤戦のキーマン:マーコ・ロイス
後半戦は1月に加入したミシー・バチュアイが12試合8得点とハイパフォーマンスを見せてきたが、終盤戦の上位陣との対戦で違いを生み出すのはやはりロイスだろう。長期離脱から復帰後、ロイスが出場した9試合でチームが敗れたのは欧州リーグ(EL)のザルツブルク戦のみ。ブンデスリーガで5試合3得点と存在感を示している。ドルトムントの関係者はロイスがチームをCL出場に導いてくれると信じている。

残り5試合の対戦
第30節:シャルケ(A)
第31節:レーバークーゼン(H)
第32節:ブレーメン(A)
第33節:マインツ(H)
第34節:ホッフェンハイム(A)

© gettyimages / Koepsel / Bongarts

レーバークーゼン(4位:勝ち点48 得点51・失点36)

3月のインターナショナルブレーク前に最下位ケルンに敗れる失態を演じたが、4月9日に行われたライプツィヒとの上位対決では4ー1の快勝。シーズン終盤に向けて再びエンジンをかけ直した。しかし、残り5試合の中にはフランクフルト戦(H)とドルトムント戦(A)が含まれ、4月17日にはDFB杯準決勝のバイエルン戦と正念場が続く。チームのアキレス腱でもある不安定な戦いをどこまで克服できるかがCL出場権獲得達成へのカギとなる。

終盤戦のキーマン:レオン・ベイリー
ジャマイカ出身のウインガーはブンデスリーガで9得点6アシストと素晴らしいパフォーマンスでチームの躍進に貢献してきた。ここまでシャルケ戦、ライプツィヒ戦、ホッフェンハイム戦で得点を挙げるなど、ビッグマッチで勝負強さを発揮できるのも大きな強み。引き続き、相手チームにとっての脅威となり続けることができれば、レーバークーゼンのトップ4入りが見えてくる。

残り5試合の対戦
第30節:アイントラハト・フランクフルト(H)
第31節:ドルトムント(A)
第32節:シュトゥットガルト(H)
第33節:ブレーメン(A)
第34節:ハノーファー(H)

© imago / okopupix

アイントラハト・フランクフルト(5位:勝ち点46 得点40・失点33)

2016年3月にニコ・コバチ監督が就任した時、フランクフルトは残留争いをしていた。昨季もシーズン後半戦はわずか3勝しか挙げられず、不本意な形でシーズンを終えた。しかし、今季はリーグ戦5試合を残して堂々5位。チーム状態は過去2年よりもはるかにいい。ライバルたちの中では最も厳しい対戦カードを残しているが、現在ホームでは公式戦6連勝中。2シーズン連続の決勝進出が懸かったDFB杯を含め、どこまで高みを目指せるか注目だ。

終盤戦のキーマン:ケビンプリンス・ボアテング
先日は「自分にはレアル・マドリードでプレーする能力があった」という大胆発言もあったが、ボアテングが才能豊かな選手であることに疑いの余地はない。ここまで6ゴール1アシストとその実力を発揮し、コバチ監督からの信頼も厚い。大方の予想に反してフランクフルトが4位以内に入るためには、ボアテングのフルパワーの活躍が不可欠だ。

残り5試合の対戦
第30節:レーバークーゼン(A)
第31節:ヘルタ・ベルリン(H)
第32節:バイエルン・ミュンヘン(A)
第33節:ハンブルガーSV(H)
第34節:シャルケ(A)

© imago

ライプツィヒ(6位:勝ち点46 得点44・失点41)

ブンデスリーガ初参戦でバイエルンに次ぐ2位と旋風を巻き起こした昨季と比べると、やや物足りない成績にも映る。とはいえ、2年目のジンクスをモノともせず、ELでベスト8に進出したことを考えれば、今季も期待以上の結果と言っていいだろう。問題はドルトムントとバイエルンに勝利しながら、レーバークーゼンに大敗するという不安定な戦いぶり。終盤戦はこの浮き沈みの激しさを改善したいところだ。

終盤戦のキーマン:ティモ・ウェアナー
第26節までブンデスリーガで7試合ノーゴールが続いていたが、第27節のバイエルン戦では決勝点をマーク。ここにきて本来の冷静なフィニッシュがよみがえりつつある。今季の得点数はここまでリーグ5位の11得点。本人は13得点で2位のニールス・ペーターセン(フライブルク)、12得点で4位のマーク・ウト(ホッフェンハイム)を抜いて、2シーズン連続のドイツ人選手得点王を勝ち取りたいと決意しているはずだ。

残り5試合の対戦
第30節:ブレーメン(A)
第31節:ホッフェンハイム(H)
第32節:マインツ(A)
第33節:ウォルフスブルク(H)
第34節:ヘルタ・ベルリン(A)

© gettyimages / Thomas Starke

ホッフェンハイム(7位:勝ち点43 得点53・失点42)

来季からの規定がもし1年前に適応されていたら、ホッフェンハイムはリバプールとのプレーオフを戦うことなく今季のCLに出場できていたことになる。代わりに出場したELでの成績は不本意なものに終わったが、再び欧州の舞台に立つべくチームの士気は高い。ブンデスリーガでは現在5戦無敗。第28節のケルン戦では6ー0の大勝を飾り、自信も深めている。ライプツィヒ、ドルトムントとの直接対決を制して上位との差を縮めたいところだ。

終盤戦のキーマン:セルジュ・ニャブリ
今季はシーズン序盤からケガに悩まされることになったが、最高のタイミングで復調を果たした。ブンデスリーガの直近4試合で4ゴールを記録。ケルン戦では単独で何度も相手守備陣を切り裂くハイパフォーマンスで2ゴールを記録した。これからホッフェンハイムと対戦するチームはニャブリに対して神経質にならざるを得ないだろう。

残り5試合の対戦
第30節:ハンブルガーSV(H)
第31節:ライプツィヒ(A)
第32節:ハノーファー(H)
第33節:シュトゥットガルト(A)
第34節:ドルトムント(H)

© imago / Eibner