絶妙な連係を見せるオバメヤンとロイスの強力デュオ。2人の出来がレアル戦勝利のカギを握る - © imago / Sven Simon
絶妙な連係を見せるオバメヤンとロイスの強力デュオ。2人の出来がレアル戦勝利のカギを握る - © imago / Sven Simon
ブンデスリーガ

首位通過のカギを握る好調デュオ

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでグループFの首位に立つドルトムントが、12月7日に行われる最終節で2位レアル・マドリード(スペイン)との直接対決に臨む。引き分け以上で首位通過が決まる重要な一戦、ドルトムントは現欧州王者との戦いに勝って良い形で決勝トーナメントに向かうつもりだ。

ここまでドルトムントはスポルティング(ポルトガル)との2試合に競り勝ち、レギア・ワルシャワ(ポーランド)からは2試合で大量14ゴールを挙げて勝ち点6を獲得。ホームでのレアル戦も2-2で引き分けており、敵地サンティアゴ・ベルナベウでの一戦にも怖気づくことはない。

これまでドルトムントは敵地でのレアル戦に勝利したことがないが、ピエールエメリック・オバメヤンとマーコ・ロイスの好調ぶりを見れば、トーマス・トゥヘル監督率いるチームが歴史をくつがえす可能性は十分にある。オバメヤンはリーグ戦12試合で15ゴールをマークし、欧州主要リーグ全体の得点ランキングトップに君臨。CLでも3ゴールを挙げ、公式戦では18試合18ゴールと高い得点力を示している。

- © imago / Thomas Bielefeld
- © gettyimages / Christof Koepsel