Summary

  • CLラウンド16第2戦、ベシクタシュ対バイエルン
  • 第1戦はバイエルンがホームで5ー0の圧勝
  • バイエルンは7シーズン連続の準々決勝が懸かる

3月14日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦でバイエルン・ミュンヘンがトルコのベシクタシュと対戦する。ホームで行われた第1戦で5ー0の圧勝を飾っているバイエルンは大きなアドバンテージとともに敵地イスタンブールに乗り込む。

最新情報

バイエルンはアリアンツ・アレーナで行われた第1戦で、ロベルト・レバンドフスキとトーマス・ミュラーがそれぞれ2ゴールを記録。キングスレイ・コマンもゴールを挙げてベシクタシュを5ー0と圧倒した。3月10日のブンデスリーガ第26節でもハンブルガーSVに6ー0と完勝。ふくらはぎの違和感を訴えてこの試合を欠場したハメス・ロドリゲスもベシクタシュ戦には戻ってくるはずだ。

一方、前節にすねに打撲を負ったコランタン・トリッソは遠征メンバー外。神経圧迫を予防するためにアリエン・ロッベンもミュンヘンに残ることになった。18日に敵地で行われるライプツィヒ戦を考慮し、ユップ・ハインケス監督が大幅にメンバーを入れ替えてくる可能性もあるだろう。

対するベシクタシュは第1戦で一発退場となったDFドマゴイ・ビダが出場停止。守備の要ペペも負傷で欠場予定だ。バイエルンにとって注意すべきはここまでCLで4アシストを記録しているリカルド・クアレスマ。ポルト在籍時の2014/15シーズンにはCLの決勝トーナメントでバイエルンから得点を奪っている。ベシクタシュは現在国内リーグ2位。ミュンヘンでの敗戦後、リーグ戦では3戦3勝と持ち直し、10日のゲンチレルビルリイ戦も大幅にメンバーを入れ替えながら1ー0の勝利を挙げている。

予想ラインナップ

ベジクタシュ(4ー2ー3ー1)
ファブリシオ;ジャネル、ギョクハン・トレ、トシッチ、アドリアーノ;メデル、ハッチンソン;クアレスマ、タリスカ、バベル;ラブ

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;ラフィーニャ、ボアテング、ズューレ、アラバ;ルディ、ハビ・マルティネス:ミュラー、ハメス、リベリ;レバンドフスキ

関連データ

  • バイエルンは現在CLで5連勝中
  • バイエルンはラウンド16を勝ち抜くと7シーズン連続の準々決勝進出となる
  • バイエルンのレバンドフスキは最近のCL16試合で16得点を記録
  • バイエルンのフランク・リベリは第26節のハンブルク戦で2ゴールを挙げたが、CLでは16試合ノーゴール。2014/15シーズンのシャフタール戦を最後に得点を挙げていない
  • バイエルンのラウンド16における成績は10勝3敗。ラウンド16での敗退はインテル(イタリア)にアウェーゴールの差で敗れた2010/11シーズンまで遡る
  • バイエルンは1年前のラウンド16でアーセナル(イングランド)に2戦合計10ー2と圧勝。ラウンド16では過去6試合で計28得点と驚異的な数字を残している

© imago