Summary

  • CLグループステージ第6節、バイエルン対パリ・サンジェルマン
  • 両チームともにすでに決勝トーナメント進出が決定
  • バイエルンの首位浮上の条件は「4点差での勝利」

バイエルン・ミュンヘンは12月5日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節でグループ首位のパリ・サンジェルマンと対戦する。バイエルンはすでに決勝トーナメント進出を決めているが、第2節のリベンジと逆転でのグループ首位通過を狙う。

最新情報

パリ・サンジェルマンはカルロ・アンチェロッティ前監督が解任されるきっかけになった相手。第2節に敵地で対戦した際は0ー3の完敗を喫した。もっとも、ユップ・ハインケス監督の就任を機にチームは復調。新監督就任後は公式戦9連勝を飾るなど、いいムードで再戦を迎えることができそうだ。負傷のためGKのマヌエル・ノイアー、MFのアリエン・ロッベン、ティアゴ・アルカンタラが欠場するが、週末のハノーファー戦ではトーマス・ミュラーとフランク・リベリが戦列に戻った。また、目下絶好調のキングスレイ・コマンも古巣との一戦に先発するだろう。

パリ・サンジェルマンは2位に勝ち点9差をつけてリーグ・アンの首位に立っているが、12月2日には格下のストラスブールに1ー2で敗れて今季初黒星を喫した。ただし、負傷欠場中の選手はティアゴ・モッタのみで陣容は盤石。エディンソン・カバーニ、キリアン・ムバッペ、ネイマールのほか、元シャルケのユリアン・ドラクスラーも先発出場してくるだろう。

予想ラインナップ

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;キミッヒ、ボアテング、フメルス、アラバ;ハビ・マルティネス、ビダル;コマン、ハメス、ミュラー:レバンドフスキ

パリ・サンジェルマン(4ー3ー3)
アレオラ;ダニ・アウベス、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、クルザワ;ベラッティ、ラビオ、ドラクスラー;ムバッペ、カバーニ、ネイマール

© gettyimages / CHRISTOPHE SIMON

関連データ

  • バイエルンがグループの首位に立つためには、パリ・サンジェルマン戦で4点差以上の勝利が必要
    バイエルンはパリ・サンジェルマンとのホームゲーム直近2試合で2連勝中
  • バイエルンのロベルト・レバンドフスキは今季公式戦で19ゴールを記録。CLでも2得点を挙げている
  • バイエルンはハインケス監督の就任以来、ホームで無敗
  • パリ・サンジェルマンのネイマールは公式戦17試合で15ゴールを記録