今大会1ゴールずつを挙げているオバメヤン(左)とヤルモレンコ(右)。攻撃陣の爆発が待たれる - © imago / DeFodi
今大会1ゴールずつを挙げているオバメヤン(左)とヤルモレンコ(右)。攻撃陣の爆発が待たれる - © imago / DeFodi

CLプレビュー:決勝T進出へ崖っぷち。ドルトムントがアポエルと対戦

グループステージ3試合を終えて勝ち点はわずかに「1」。欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント進出に向け、ドルトムントが崖っぷちに立たされている。11月1日に行われるホームのアポエル(キプロス)は絶対に取りこぼせない一戦となる。

最新情報

アポエル戦での負けは、そのままグループステージ敗退を意味するが、直近のリーグ戦2試合を欠場していたエーマー・トプラクが起用できる状態になったのはペーター・ボス監督にとって朗報だ。24日のマクデブルク戦でケガから復帰したラファエル・ゲレイロも左サイドバックとして先発するだろう。

アポエルは正GKのボイ・ウォーターマンが第3節で肩を負傷し、戦線離脱中。サイドバックのロベルト・ラゴとフラクステイル・ブロスが間に合うかどうかも微妙な状況だ。また、ブラジル人センターバックのカルロンとアルゼンチン人の司令塔ファクンド・ベルトリオも負傷で欠場予定だ。

- © gettyimages / KHALED DESOUKI

グループH 順位表(第3節終了時点)