Summary

  • CLグループステージ第3節、アポエル対ドルトムント
  • 両チームともに2連敗スタート。グループ生き残りを懸けた一戦に
  • ドルトムントがキプロスのクラブと対戦するのは初めて

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ2試合を終えて、いまだ勝ち星がないドルトムント。決勝トーナメント進出へ望みをつなぐためにも、17日にキプロスで行われるアポエル戦は勝利がノルマとなる。

最新情報

ドルトムントは第1節のトッテナム戦(A)、第2節のレアル・マドリード戦(H)で2連敗。この2チームはアポエルからも勝利を飾り、すでに勝ち点6を稼いでいる。ドルトムントが決勝トーナメントに進出するためには、第3節、第4節と続くアポエル戦での連勝が最低条件となる。

ドルトムントはルカシュ・ピシュチェク、マーセル・シュメルツァーの両レギュラーサイドバックが負傷離脱中。また、週末のリーグ戦でライプツィヒに破れ、ペーター・ボス監督には選手のモチベーションを上げる仕事も課されている。とはいえ、エースのピエールエメリック・オバメヤンはリーグ戦で8試合10得点と好調を維持。後半から出場したクリスティアン・プリシッチが好プレーを見せたのも好材料だ。

対するアポエルはレアル・マドリード戦とトッテナム戦でいずれも0ー3の完敗。また、その2試合で好プレーを見せていたゲオルギゴス・エフレムが負傷でドルトムント戦に出場できない。13日に行われたリーグ戦では勝利を収めているが、今節も厳しい戦いを強いられそうだ。

予想ラインナップ

アポエル(4ー2ー3ー1)
ウォーターマン;ブロス、ルエダ、カルロン、ラゴ;ビニシウス、モライス;ザヒード、サライ、アロネフティス;デカマルゴ

ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;トーリヤン、ソクラティス、トプラク、ザガドゥ;カストロ、ワイグル、ダフート;プリシッチ、オバメヤン、フィリップ

関連データ

  • ドルトムントはキプロスのチームと初顔合わせ
  • ドルトムントのヌリ・シャヒンはレアル・マドリード在籍時の2012年に準々決勝でアポエルを破っている
  • アポエルのギオルゴス・ドニス監督はフランクフルト生まれで、シュトゥットガルトのFWアナスタシオス・ドニスは実の息子
  • アポエルとドルトムントはともに2戦2敗。アポエルは2試合ともに0ー3、ドルトムントは2試合ともに1ー3で敗れている
  • アポエルはドイツ勢をホームに迎えた試合の対戦成績が6戦全敗
  • アポエルはベスト16進出を果たした2011/12シーズンのリヨン戦(2012年3月)を最後にCLで勝利がない
  • アポエルのFWイゴール・デカマルゴはメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とホッフェンハイムでプレー経験がある