試合の主導権を握り続けたバイエルンが本拠地セルティック戦に3ー0で勝利した - © © gettyimages
試合の主導権を握り続けたバイエルンが本拠地セルティック戦に3ー0で勝利した - © © gettyimages
ブンデスリーガ

バイエルンが3ー0完勝、勝ち点を6に伸ばす

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が10月18日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でセルティック(スコットランド)と対戦し、3ー0で勝利した。 バイエルン・ミュンヘン 3ー0 セルティック

序盤から試合の主導権を握るのは、地力で勝るバイエルンだった。6分、キミッヒの縦パスを受けたレバンドフスキがペナルティーエリア右深くに進入し、マイナス方向へセンタリング。フリーで飛び込んだティアゴが、ダイレクトでネットに突き刺すも、レバンドフスキがパスを出す前に、ボールがラインを割っていたと副審に判断され、このゴールは取り消しとなった。

14分にはコマンが左サイドを突破し、低めのセンタリングを放り込むと、ブラウンがブロックしたこぼれ球を至近距離からアラバが狙う。だが、シュートを浮かせてしまい、クロスバーのはるか上へ飛んでしまった。

しかしその3分後、キミッヒのクロスをレバンドフスキがヘディングでシュート。GKが素晴らしい反応でこれをブロックするも、ゴール前に詰めていたミュラーが押し込み、バイエルンが先制点を奪う。

さらに29分、コマンが一瞬のスピードでガンボアを置き去りにし、左からセンタリングを入れると、ペナルティーエリア内で待つキミッヒが頭で追加点。リードは2点に広がった。

- © imago / Contrast
- © gettyimages