Summary

  • ブンデスリーガ第30節3日目、シャルケ対ドルトムント
  • 92回目のルール・ダービーはシャルケが2ー0で完勝
  • ナルドの試合後インタビューを紹介

ブンデスリーガで92回目となるルール・ダービーが4月15日に行われ、香川真司のドルトムントを本拠地に迎えたシャルケが2ー0で勝利した。ダメ押しとなるチーム2点目を決めたシャルケのナルドが、試合後のインタビューに応じている。

――ドルトムントとのダービーに勝利した気分はいかがですか?

ナルド まるで子どものように喜んでいます。しかしシャルケファンの皆さんのことを考えると、さらにうれしいですね。シャルケに関わるすべての人にとってこの勝利がどのような意味を持つか、そして彼らが何を私たちに期待していたか、私は分かっています。我々はピッチ上で戦い、そしてドルトムントにほとんどチャンスを作らせませんでした。我々のパフォーマンスは素晴らしかったと思います。90分間を通して、非常に集中して試合ができました。前節ハンブルガーSV戦の結果に我々は本当に失望しましたが、このドルトムント戦では我々本来のメンタリティーを見せることができたと思います。確かに長いシーズンの中では、調子が落ちてしまう時もあるかもしれません。しかしそれはハンブルク戦で、このドルトムント戦ではなかったことが幸いでした(笑)

――シャルケ側の喜びは大変なものでした。試合後、ドメニコ・テデスコ監督もファンが陣取る北側ゴール裏に上っていましたね。

ナルド ファンも、テデスコ監督がどれだけシャルケにとって重要なのか分かっているのでしょう。彼がシャルケに就任したその日から、彼がこのクラブにとってパーフェクトな人物であることを我々は感じ取っていました。監督は公の場で大騒ぎをしたがるような人間ではありません。しかし今日は、2014年9月以降では初のダービー勝利です。監督のおかげもあり、今日の試合で勝利に値していたのは我々でした。

――しかしテデスコ監督は「欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得まではまだ気が抜けない」と言っています。

ナルド 私もいつも気を抜かないようにしています。しかしCLの舞台に戻ることが、ゆっくりと現実になろうとしているのも事実です。レーバークーゼンも今節白星を飾りましたし、今日のダービー勝利は、順位表の上でも非常に重要なものとなりました。これで5位と8ポイント差になりましたからね。監督はいつも非常に慎重ですが、残り4試合ということを考えれば、我々は非常に良いポジションにいるのではないでしょうか。

© imago / Team 2

――あなたはFKからチーム2点目を決めましたが、前半戦のダービーでも4ー4に追いつく同点弾を決めています。ドルトムント戦でのゴールは、やはり特別なものなのでしょうか?

ナルド ドルトムント戦でのゴールはもちろんいつも特別ですよ(笑)シャルケの一員であればなおさらです。今日のゴールで私は今季7点目を記録しました。それ自体は素晴らしいことだと思いますが、人生はまだ続きます。良い試合をしようと、悪い試合をしようと、私の足は常に地についています。

――水曜(18日)にはドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝のアイントラハト・フランクフルト戦があります。

ナルド あまり多くのことを修正できませんが、今日のダービーで見せたようなアグレッシブさ、そしてメンタリティーを再び出すことができれば、どんな相手でも我々に勝つのは難しいはずです。

――DFB杯決勝進出も今季の目標の1つですね。

ナルド 決勝の地、ベルリンにはぜひ行きたいですね。水曜の試合で、本来の力を出すことができれば、必ず我々がベルリンに行くことになるでしょう。とにかく自分たちのパフォーマンスに集中しなければなりません。フランクフルトは強固な守備を持つチームですし、カウンターの能力も素晴らしいですから、非常に厳しい試合になるのは確実です。しかも彼らは昨年決勝の舞台に立ったチームです。再びそこに立てるよう、彼らは全力でぶつかってくると思いますが、決勝に行きたい気持ちは我々も同じです。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

――もう一度FKのゴールについて聞かせてください。

ナルド 距離がありましたから、とにかく力いっぱい足を振り抜きました。ボールにうまくミートさせることができましたし、そうなれば相手のGKにとってはセーブするのは難しくなります。

――水曜の試合はトーナメントですから、PK戦に突入する可能性も否定できません。

ナルド トレーニングでもPKの練習はしています。キッカーに指名されれば、いつでも蹴りますよ。しかし、もちろんPK戦に突入する前、さらに言えば90分間で決着をつけることができれば最高です。

――さきほどもおっしゃっていましたが、これで今季7得点目です。チーム得点王のギド・ブルクスタラーを上回ることも考えていますか?

ナルド 彼を抜くのは簡単なことではありませんよ(笑)彼はすでに10ゴール決めていますし、そもそも私にとって最も大事なのは守備です。守ることこそが、私の第一の任務ですから。しかしゴールを決めるチャンスがあれば、チームを助けるためにもちろん得点も決めたいと思います。ウォルフスブルク所属時代にシーズン7得点を記録したことがありますが、あのシーズンで私はDFB杯優勝を勝ち取ることができました。いいジンクスになってくれることを願っています。