Summary

  • ホッフェンハイムのナーゲルスマン監督が2017年のドイツ年間最優秀監督に
  • 同賞はドイツ・スポーツジャーナリスト協会の会員投票によって決まる
  • 7月23日に30歳を迎えたナーゲルスマン監督にとっては二重の喜びに

7月23日に30歳の誕生日を迎えたホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督が、同日にスポーツ専門誌『kicker』による2016/17シーズンの「ドイツ年間最優秀監督」に選出された。同賞はドイツ・スポーツジャーナリスト協会会員の投票によって決まり、273票を集めたナーゲルスマン監督が、2位のクリスティアン・シュトライヒ監督(フライブルク)に12票差をつけて初受賞。3位は107票を集めたラルフ・ハーゼンヒュットル監督(ライプツィヒ)だった。

クラブ過去最高成績で初の欧州カップ戦へ

選出を受け、ナーゲルスマン監督は喜びのコメントを発表。「先日の『kicker』誌の読者による選出も、今回の専門記者による選出もそれぞれ価値がある。彼らは日々厳しい目でサッカーを見ている人たちだからね。そこで認められるというのは、これからも精力的に仕事をしていく上でモチベーションになる」

ナーゲルスマン監督は2016年2月、健康上の理由で監督を退任したフーブ・ステフェンスの後任として、ブンデスリーガ史上最年少の28歳でホッフェンハイムの監督に就任。降格の危機に瀕していたチームを残留させると、昨季はリーグ4位に食い込んでクラブに史上初の欧州カップ戦出場権をもたらした。

また、昨季はホームで無敗を守っただけでなく、バイエルン・ミュンヘン戦での初勝利、ブンデスリーガ通算100勝など、記念すべき白星を重ねながらクラブ史上最高の成績を達成。最高勝ち点に加え、「シーズン16勝」、「総失点37」のクラブ記録も樹立した。

© imago

過去の受賞者には名将がズラリ

同賞は該当シーズンにドイツのクラブに在籍していた選手(監督)、もしくは国外クラブに在籍するドイツ国籍を持った選手(監督)が選考対象。過去の受賞者にはオットマー・ヒッツフェルト(2008年/当時バイエルン)、ユルゲン・クロップ(2011、2012年/当時ドルトムント)、ユップ・ハインケス(2013年/当時バイエルン)、ヨアヒム・レーフ(2014年/ドイツ代表)らそうそうたる名将が名を連ねており、昨年はディルク・シュスター(当時ダルムシュタット)が受賞していた。

クラブ首脳からも祝福のメッセージ

ナーゲルスマン監督の受賞を受け、ホッフェンハイムの会長ディートマー・ホップ氏、スポーツ担当CEOのハンスディーター・フリック氏も祝福のメッセージを寄せた。

ホップ会長 我々のチームでこの18カ月間、並外れた仕事をやってくれた彼にふさわしい評価だ。チームを成長させただけでなく、自然体でありながらそのカリスマ性で、クラブに新たな自信をもたらしてくれた。この先も彼と一緒にやっていけることを非常に幸せに思う。

フリック氏 現在のトップチームだけでなく、その前のアカデミー時代を含めて、ユリアンの仕事ぶりは特筆に値する。専門的な知識のみならず、情熱、インスピレーション、そして何よりも強いチームワーク精神を備えている。ピッチ内外ですべての選手を成長させてきた。そのことを思うと、彼がやっと30歳を迎えたというのは驚くばかりだ。今回の賞、彼にぴったりの誕生日プレゼントになったのでは。