ブンデスリーガで活躍する2022年の“主役候補”11人をピックアップ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガで活躍する2022年の“主役候補”11人をピックアップ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

2022年のドイツ代表を担うのは?

ドイツ代表がイングランドを1ー0で下した3月22日の親善試合で、ドイツ代表の先発メンバーにはこの日が代表最後の試合となったルーカス・ポドルスキらに交じり、ユリアン・ワイグル(ドルトムント)やティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)といった20歳前後の若手たちが名を連ねていた。 現世界王者のドイツは来年に迫ったロシア・ワールドカップ(W杯)でタイトルの防衛に挑むが、前述の若手選手たちは早ければ1年後、遅くとも5年後には代表を背負っている人材だ。タレントの宝庫ドイツで、2022年に代表の主力を担うであろう新進気鋭の若手選手をピックアップした。

ゴールキーパー:ティモ・ホーン(ケルン

ホーンがプロデビューを飾ったのはケルンが2部に降格した直後の2012/13シーズンのこと。ケルンの街は悲しみに包まれていたが、正GKとしてプレーする機会を得た生え抜きGKにとっては大きな転機だった。まだ20歳に満たない若者はすぐにレギュラーに定着し、2013/14シーズンのブンデスリーガ復帰に貢献。昇格後も不動の守護神として活躍し、昨夏のオリンピックでは銀メダルも獲得した。その活躍は代表監督のヨアヒム・レーブの視界にも確実に入っている。

右サイドバック:ミッチェル・ワイザー(ヘルタ・ベルリン

ケルンやウォルフスブルクでプレーしたパトリックを父に持つ二世選手として頭角を現すと、プロデビューしてすぐにバイエルンに加入、ペップ・グアルディオラ監督の下で約3年を過ごした。当時10代だった若者に十分な出場機会は巡ってこなかったが、3年目の2014/15シーズンにはリーグ戦13試合に出場。トップレベルで培った経験を現所属のヘルタで存分に発揮している。

センターバック:ニクラス・ズューレ(ホッフェンハイム

ホッフェンハイムの若き守備リーダーとして注目を集めていたが、この冬にその能力に疑いの余地がないことが証明された。バイエルンとの5年契約を勝ち取り、来季からドイツ王者の一員に。最高のセンターバックになるための資格を得たズューレは今後、どのクラブでもどの国でもファーストチョイスになるだろう。昨夏のオリンピックでは銀メダルの獲得に貢献。すでにA代表でもその実力を披露している。

- © imago
- © gettyimages / Octavio Passos
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Streubel