Summary

  • ブンデスリーガ在籍12年目のシーズン
  • 代表引退を表明してクラブに専念
  • 今季はDFB杯王者としてELに参戦

2018/19シーズンのブンデスリーガが8月24日に開幕した。56年目を迎えた今季のブンデスリーガには総勢7人の日本人プレーヤーが所属。昨季のドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)を制し、欧州の舞台でもプレーする長谷部誠の新シーズンを展望する。

所属クラブ:アイントラハト・フランクフルト
生年月日:1984年1月18日(34歳)
身長・体重:180センチ・73キロ
ドイツキャリア:
2007/08 ウォルフスブルク 16試合・1得点
2008/09 ウォルフスブルク 25試合・0得点
2009/10 ウォルフスブルク 24試合・1得点
2010/11 ウォルフスブルク 23試合・0得点
2011/12 ウォルフスブルク 23試合・1得点
2012/13 ウォルフスブルク 23試合・2得点
2013/14 ウォルフスブルク 1試合・0得点
2013/14 ニュルンベルク 14試合・1得点
2014/15 フランクフルト 33試合・0得点
2015/16 フランクフルト 32試合・1得点
2016/17 フランクフルト 22試合・1得点
2017/18 フランクフルト 24試合・0得点

「自分の真価が問われるシーズンになる」。8年間担ってきた日本代表キャプテンという大役を終えた今年7月、長谷部誠は新たなシーズンに向けてそう話した。

昨季は知将ロベルト・コバチ(現バイエルン・ミュンヘン監督)の下で3バック中央を任され、“リベロ”として最終ラインからチームを支えた。タイトルを獲得したことも記憶に新しい。2シーズン連続でDFB杯決勝に進出し、王者バイエルンを下してフランクフルトに30年ぶりのトロフィーをもたらした。

シーズン終了後には休む間もなくワールドカップに出場。大会直前の監督交代劇やテストマッチでの不振もあり、日本代表は大舞台を前に揺れに揺れていた。しかし、長谷部は「この状況をひっくり返してやろう」と仲間たちに奮起を促し、普通なら空中分解してもおかしくない状況のチームを団結させた。

結果、日本は激闘の連続を経て決勝トーナメントに進出。史上初のベスト8進出こそ叶わなかったが、列島は歓喜に包まれた。大会後には代表からの引退を表明。2010年のキャプテン就任以降、大きな足跡を残してきた代表キャリアに自ら幕を引いた。

© gettyimages / Carl Court

23歳でドイツに渡ってから早10年半、34歳になって迎える新シーズンを長谷部は次のように語った。「新シーズンはヨーロッパリーグ(EL)の切符を得ることができた。そこで自分の価値を示せるかどうか、これまでのキャリアの中で最も重要なシーズンになる」

迎えた新シーズン、フランクフルトはDFLスーパーカップでバイエルンに0-5で大敗し、前回王者として挑んだDFB杯でも1回戦で4部チームにまさかの敗戦を喫した。長谷部自身も体調不良でブンデスリーガの開幕2試合を欠場。前途多難な1年を予感させた。

ELとのが二足の草鞋を履く今季は長谷部にも相応の負担がかかる。それでも、これまで違うのはクラブでのプレーに専念できること。持っている力を100パーセントクラブに注げるという意味で、まだまだやれることは残っている。

長谷部の類まれな戦術理解力とキャプテンシーはチームの躍進に不可欠だ。良い意味で“目立たない”安定感のあるプレーで今季も“真価”を発揮してくれるはずだ。