デュッセルドルフで2シーズン目を迎えた宇佐美 - © imago / Uwe Kraft
デュッセルドルフで2シーズン目を迎えた宇佐美 - © imago / Uwe Kraft
ブンデスリーガ

2018/19日本人選手展望:宇佐美貴史

2018/19シーズンのブンデスリーガが8月24日に開幕した。56年目を迎えた今季のブンデスリーガには総勢7人の日本人プレーヤーが所属。昨季フォルトゥナ・デュッセルドルフの昇格に貢献し、2年ぶりにブンデスリーガでプレーする宇佐美貴史の新シーズンを展望する。 所属クラブ:フォルトゥナ・デュッセルドルフ 生年月日:1992年5月6日(26歳) 身長・体重:178センチ・70キロ ドイツキャリア: 2011/12 バイエルン・ミュンヘン 3試合・0得点 2012/13 ホッフェンハイム 20試合・2得点 2016/17 アウクスブルク 11試合・0得点 2017/18 デュッセルドルフ(2部) 28試合・8得点

ドイツに挑戦して通算4年目の2017/18シーズンは、宇佐美貴史にとって最も手応えを感じたシーズンとなった。アウクスブルクから期限付き移籍で当時2部のデュッセルドルフに加わると、リーグ戦28試合に出場して8ゴール3アシストを記録。出場試合数、得点数、アシスト数のすべてでドイツキャリアの自己最高成績を残した。

今年1月にはヘルタ・ベルリンから原口元気が期限付きで加入。“日本人ユニット”を結成すると調子はさらに上向き、第23節のグロイター・フュルト戦から4試合連続ゴールも記録した。最終節、ニュルンベルクとの首位決戦では、2点ビハインドの状況から37分に反撃の狼煙を上げるヘディングゴールを記録。この得点で勢いに乗ったデュッセルドルフは3-2の逆転勝利を収め、2部優勝という最高の形で6年ぶりのブンデスリーガ返り咲きを果たした。

- © imago / Sven Simon