新天地ブレーメンで好スタートを切った大迫 - © © gettyimages / Martin Rose/Bongarts
新天地ブレーメンで好スタートを切った大迫 - © © gettyimages / Martin Rose/Bongarts
ブンデスリーガ

2018/19 日本人選手展望:大迫勇也

2018/19シーズンのブンデスリーガが8月24日に開幕した。56年目を迎えた今季のブンデスリーガには総勢7人の日本人プレーヤーが所属。2部に降格したケルンを離れ、新天地ブレーメンで新たなスタートを切った大迫勇也の新シーズンを展望する。 所属クラブ:ブレーメン 生年月日:1990年5月18日(28歳) 身長・体重:182センチ・73キロ ドイツキャリア: 2013/14 1860ミュンヘン(2部) 15試合・6得点 2014/15 ケルン 28試合・3得点 2015/16 ケルン 25試合・1得点 2016/17 ケルン 30試合・7得点 2017/18 ケルン 25試合・4得点

ドイツに渡って4年8カ月、大迫勇也の新たな戦いが幕を開けた。新天地に選んだのは昨季11位の古豪ブレーメン。「(フローリアン・コーフェルト)監督と直接話をして、ストレートに『来てほしい』と言ってくれた」ことが移籍の決め手だったという。

前所属のケルンではこの2年で浮き沈みの激しい時期を過ごした。2016/17シーズンにリーグ5位と躍進して欧州リーグ(EL)に出場したものの、昨季は序盤の不振を最後まで引きずり最下位で2部に降格。大迫自身もリーグ戦でわずか4ゴールとチームを救うことはできなかった。

それでも6月のワールドカップではファンの期待に応えた。コロンビア戦の開始早々にPK獲得のきっかけとなるプレーで先制点をもたらすと、1-1で迎えた後半にはCKからヘディングで決勝点を奪ってマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。チームは決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れたが、バンサン・コンパニら欧州トップレベルのDFと対等にわたり合って大いに自信を深めた。

- © gettyimages / JACK GUEZ/AFP
- © gettyimages / Alex Grimm