ブンデスリーガ

2018/19シーズン9月の「ルーキー・アワード」投票開始!

スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤー協賛のもと、当サイトでは毎月「ルーキー・アワード」を行い、ユーザー投票によりその月のベスト・ルーキーを選出している。2018/19シーズン9月の同賞候補者に選ばれたのは、ヘルタ・ベルリンのジャバイロ・ディルロスン、ボルシアMGのフローリアン・ノイハウス、香川真司が所属するドルトムントのアクラフ・ハキミだ。

【ジャバイロ・ディルロスン(ヘルタ・ベルリン)】

投票はこちら(英語はこちら)から可能となっており、ページ下部の3人から1人を選出。「Ich bin kein Roboter(I'm not a robot)※私はロボットではありません」にチェックを入れ、「Jetzt abstimmen(Vote)」をクリックすれば投票完了となる。

3人の候補者説明は下記の通り。投票は10月15日0時(日本時間15日7時)まで。

マンチェスター・シティーからヘルタにやって来たディルロスンは、9月の公式戦5試合すべてに出場し、そのうち4試合で先発。計444分の出場時間で5得点に直接関与しており、レーバークーゼンのカイ・ハフェルツに次いでリーグ2位の最高時速34.8kmを叩き出した。さらにヘルタ所属選手では最多となるセンタリング14本を記録。自身の積極的なプレースタイルについてディルロスン本人は「子どもの頃から年上と一緒にストリートサッカーに励んでいましたが、そこは私にとって素晴らしいサッカーの学校でした。恐れを持たずにプレーすることを学べましたから」と説明している。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA