Summary

  • ドルトムントはロイスが新キャプテンに
  • ホッフェンハイムとブレーメンも主将交代
  • 昇格組はフィンクとベーレンスが責務を担う

2018/19シーズンのブンデスリーガ開幕までいよいよ残り10日となった。そこで今回は、18クラブで誰がキャプテンマークを巻くのか、今一度おさらいしていく。

バイエルン・ミュンヘン:マヌエル・ノイアー

リーグ6連覇中のバイエルンを束ねるのは、昨季に続きノイアーとなった。2011年から在籍する同選手は、これまでバイエルンでブンデスリーガ6回、欧州チャンピオンズリーグ(CL)1回、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)4回の優勝を経験している。

シャルケ:ラルフ・フェアマン

バイエルンと同じく、シャルケも昨季から守護神にキャプテンマークを託している。フェアマンは2003年に故郷ケムニッツァーFCからシャルケ下部組織に移籍。2009年から2年間をフランクフルトで過ごしたものの、現在までキャリアの大半をゲルゼンキルヘンで過ごしている。

ホッフェンハイム:ケビン・フォークト

オイゲン・ポランスキの退団にともない、今シーズンから主将の座はフォークトに。3バックの中央で守備を統率する同選手は2016年にケルンからホッフェンハイムに加入した。

© gettyimages / Alexander Scheuber / Bongarts

ドルトムント:マーコ・ロイス

マーセル・シュメルツァーからキャプテンマークを引き継いだのは、生まれも育ちもドルトムントのロイス。1995年から2004年までドルトムントユースに在籍し、RWアーレンとボルシアMGを経て、2012年夏に故郷へのカムバックを果たした。

レーバークーゼン:ラース・ベンダー

2009年に入団したベンダーが主将を務めるのは2015年から4シーズン連続。現在29歳のオールラウンダーは、すでに同クラブでブンデスリーガ204試合に出場している。

ライプツィヒ:ウィリー・オーバン

当時2部のカイザースラウテルンから2015年にライプツィヒへ。キャプテンを引き受けるのは2シーズン連続となっており、最終ラインの要的存在。

© gettyimages / Karina Hessland-Wissel / Bongarts

シュトゥットガルト:クリスティアン・ゲントナー

2013年からキャプテンを務める古株選手。2007年から2010年まではウォルフスブルクに所属していたものの、1999年以降にシュトゥットガルトを離れたのは、その3年間のみ。

アイントラハト・フランクフルト:ダビド・アブラハム

ファンから“サッカーの神様”と呼ばれたアレクサンダー・マイヤーがチームを離れたことで、アブラハムに主将という任務が回ってきた。フランクフルト在籍は2015年から。

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG):ラース・シュティンドル

2015年にハノーファーからボルシアMGへ移籍。キャプテンマークは2016年から巻いている。

© gettyimages / Maja Hitij / Bongarts

ヘルタ・ベルリン:ベダド・イビシェビッチ

シュティンドルと同じく、2015年に加わり、その翌年にキャプテン就任。ヘルタでこれまでブンデスリーガ101試合に出場し、35得点を記録している。

ブレーメン:マックス・クルーゼ

契約満了にともない新天地へ旅立ったズラトコ・ユヌゾビッチの後任は、クルーゼに決まった。同選手は2006年から2009年までブレーメンのユースに在籍した過去を持ち、2016年に古巣へ舞い戻った。

アウクスブルク:ダニエル・バイヤー

2017年からチームを束ねるMr.アウクスブルクは、2010年1月から同クラブに在籍する古参選手の一人。

© gettyimages / Alexander Hassenstein / Bongarts

ハノーファー:未定

マインツ:ニコ・ブンガート

2008年にキッカース・オッフェンバッハからマインツへ。キャプテンは2016年から任せられている。マインツではこれまでブンデスリーガ159試合に出場。

フライブルク:未定

© imago / Jan Huebner

ウォルフスブルク:イグナシオ・カマーチョ

昨夏マラガ(スペイン)から加入した比較的新しい選手ではあるが、ブルーノ・ラバディア監督にそのキャプテンシーを買われ主将の座に。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ:オリバー・フィンク

2009年から在籍するトップチーム最古参。キャプテンマークは2016年から巻いており、36歳となった今もモチベーションに溢れている。

ニュルンベルク:ハンノ・ベーレンス

ニュルンベルクには2015年から在籍。昨季に続いて主将を務めることになった。

© gettyimages / Simon Hofmann / Bongarts