バイエルンは本拠地でボルシアMGに0ー3の完敗。2015年5月以来のリーグ戦連敗となった - © gettyimages / Matthias Hangst/Bongarts/Getty Images
バイエルンは本拠地でボルシアMGに0ー3の完敗。2015年5月以来のリーグ戦連敗となった - © gettyimages / Matthias Hangst/Bongarts/Getty Images
ブンデスリーガ

2018/19シーズン、数字で振り返るブンデスリーガ第7節

バイエルン・ミュンヘンが2015年5月以来のリーグ戦連敗となり、ライプツィヒは昇格組に負けなし――ブンデスリーガ第7節を数字で振り返っていく。

「1」

ハノーファーシュトゥットガルトに3ー1で勝利し、今季初の白星をもぎ取った。

「1」

シャルケのウェストン・マッケニーは欧州チャンピオンズリーグ(CL)初ゴールを決めた3日後のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で、ブンデスリーガ初ゴールを決めた。

「2」

バイエルンは2015年5月以来のブンデスリーガ連敗を記録。シーズン前半戦での連敗は7季ぶり。

「2」

バイエルンに勝利したボルシアMGは、この試合のファーストシュート、セカンドシュートのどちらもゴールに結びつけた。

「3」

ボルシアMGがミュンヘンの地で3得点を決めたのは、1973年以来の出来事。

「4」

ボルシアMGのアラセーヌ・プラは4試合連続得点。

「4」

ライプツィヒのユスフ・ポウルセンは4ゴール目を記録し、昨季全体で決めたゴール数に早くも並んだ。

- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Martin Rose