ライプツィヒが今季リーグ戦11試合で喫した失点はわずか9。ブンデスリーガナンバーワンの堅牢性を誇る - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ライプツィヒが今季リーグ戦11試合で喫した失点はわずか9。ブンデスリーガナンバーワンの堅牢性を誇る - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

2018/19シーズン、ブンデスリーガの堅牢トップ3

2018/19シーズンのブンデスリーガも第11節までを消化した。現在リーグ最少失点を誇るのはライプツィヒ、そして香川真司のドルトムントとマインツが12失点でこれに続いている。彼らがなぜ強固な守備を保っているのか、その理由について解説していく。 ※「首位をひた走るドルトムント、8年前との類似点・相違点は?」はこちら ※「今季のサプライズ、ボルシアMGから目を離すな!」はこちら

【ライプツィヒ】

失点:9(リーグ最少)

順位:3

データ:直近7試合のうち6試合を無失点で終え、喫した失点数は1。ライプツィヒが現在3位に位置している最大の理由は、高い守備力に他ならない。ラルフ・ラングニック監督はとりわけディフェンスの構築に時間を割き、1対1の重要性も説いてきた。その甲斐あって、地上・空中ともにライプツィヒの1対1勝率も現在リーグトップ。また被シュート数はバイエルン・ミュンヘンに次いで少ない100本で、守護神ペテル・グラシの枠内シュート阻止率は全GK最高の78%となっている。

システム:ラングニック監督はローテーションを採用しているため、第11節終了現在で8人の選手が最終ラインで起用されており、9試合以上出場したDFは1人もいない。昨季までは4ー4ー2が基本フォーメーションだった同クラブだが、今季は対戦相手によって3バックと4バックを巧みに使い分ける柔軟さも見られる。コンパクトな守備ブロックは低い位置に保たれ、ボール奪取後に素早く仕掛けられるカウンターは、相手を恐怖に陥れるほど切れ味抜群。

- © gettyimages / Robert Michael
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Oliver Hardt
- © gettyimages / Alex Grimm / Bongarts