1対1勝率トップ5にはオールマイティーのナルド、地上戦に強いター、空中戦に強いサネらが名を連ねた - © gettyimages
1対1勝率トップ5にはオールマイティーのナルド、地上戦に強いター、空中戦に強いサネらが名を連ねた - © gettyimages
ブンデスリーガ

2017/18シーズン総括、1対1勝率トップ5

5月12日をもって2017/18シーズンのブンデスリーガは全日程を終了した。これまで同様、今後はシーズン総括として様々な数字をランキング形式で紹介していく。第3回は1対1勝率のトップ5をまとめた。 ※「第1回:シュート数トップ5」はこちら ※「第2回:パス成功率トップ5」はこちら

【5位:アレクサンダー・ハック(マインツ)67.39%】

負傷により前半戦の出場は2試合に留まったものの、後半戦からはレギュラーを勝ち取り12試合でフル出場を果たした。190cmを超す大型CBだがスピードにもあふれ、シーズン終盤の第32節ライプツィヒ戦ではカウンター攻撃の起点になるなど、新たな一面も覗かせている。

- © gettyimages / Simon Hofmann
- © gettyimages / Maja Hitij
- © gettyimages / Alexandra Beier/Bongarts
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / PATRIK STOLLARZ/AFP