今シーズンのパス成功率トップ5のうち3人がバイエルンの選手となった - © © gettyimages
今シーズンのパス成功率トップ5のうち3人がバイエルンの選手となった - © © gettyimages
ブンデスリーガ

2017/18シーズン総括、パス成功率トップ5

5月12日をもって2017/18シーズンのブンデスリーガは全日程を終了した。これまで同様、今後はシーズン総括として様々な数字をランキング形式で紹介していく。第2回はパス成功率のトップ5をまとめた。 ※「第1回:シュート数トップ5」はこちら

【5位:ティアゴ(バイエルン・ミュンヘン)92.67%】

パス成功率はリーグ5位。1試合あたりの平均ボールタッチ数も108回となっており、こちらはリーグトップとなった。さらに特筆すべきは1対1の強さで、MF登録選手の中では今季最高の対人勝率59%を記録している。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago / DeFodi
- © imago
- © gettyimages / Lars Baron
- © imago / Jan Huebner