センタリング数トップ5にはサイドバックを務める選手が多く名を連ねた - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
センタリング数トップ5にはサイドバックを務める選手が多く名を連ねた - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

2017/18シーズン総括、センタリング数トップ5

5月12日をもって2017/18シーズンのブンデスリーガは全日程を終了した。これまで同様、今後はシーズン総括として様々な数字をランキング形式で紹介していく。第8回はセンタリング数トップ5をまとめた。 ※「第1回:シュート数トップ5」はこちら ※「第2回:パス成功率トップ5」はこちら ※「第3回:1対1勝率トップ5」はこちら ※「第4回:シュートセーブ数トップ5」はこちら ※「第5回:シュート演出回数トップ5」はこちら ※「第6回:最高時速トップ5」はこちら ※「第7回:ドリブル回数トップ5」はこちら

【5位:ダニエル・ブロジンスキ(マインツ)89本】

本ランキングだけでなく、シュート演出回数も67回を記録し、どちらもマインツではトップとなった。センタリング6本に1度の割合で味方のシュートにつながっているものの、計89本の折り返しがゴールに結びつくことはなかった。

- © gettyimages / Alex Grimm
- © imago / Baering
- © imago / Beautiful Sports/Ulf Schiller
- © imago / kolbert-press
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA