2017/18シーズンを総括するトップ5ランキング。第5回は味方のシュートにつながったラストパスの本数 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
2017/18シーズンを総括するトップ5ランキング。第5回は味方のシュートにつながったラストパスの本数 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

2017/18シーズン総括、シュート演出回数トップ5

5月12日をもって2017/18シーズンのブンデスリーガは全日程を終了した。これまで同様、今後はシーズン総括として様々な数字をランキング形式で紹介していく。第5回は味方のシュートにつながったラストパス本数トップ5をまとめた。 ※「第1回:シュート数トップ5」はこちら ※「第2回:パス成功率トップ5」はこちら ※「第3回:1対1勝率トップ5」はこちら ※「第4回:シュートセーブ数トップ5」はこちら

【5位:アーロン・ハント(ハンブルガーSV)78本】

今季のハンブルクは全チーム最少の29得点と攻撃陣がふるわず、ハントも本ランキングで堂々5位に名を連ねたものの、彼のパスが得点につながったのは残念ながら3回だけだった。ちなみに同選手は自ら3得点も記録しており、スコアラーポイントは6。これはルイス・ホルトビーやフィリップ・コスティッチと並び、チーム最多となっている。

- © imago / Matthias Koch
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago
- © gettyimages / Maja Hitij
- © gettyimages / Simon Hofmann