Summary

  • 2017/18シーズンのブンデスリーガは残り2試合
  • 残留争いに沈む下位4クラブ、今後の対戦表をチェック
  • ケルンはすでに降格が決定

2017/18シーズンのブンデスリーガもついに2試合を残すところとなった。第32節では、酒井高徳と伊藤達哉の17位ハンブルガーSVウォルフスブルクとの直接対決に勝利し、またしても残留への希望をつないだ。またフライブルクは大迫勇也のケルンから白星を獲得し15位に浮上。またこの黒星により、ケルンの2部降格が決定した。

※現在の順位表はこちら

【14位:マインツ

勝ち点:33
得点:35
失点:49
今後の対戦:ドルトムント(A)、ブレーメン(H)
今季前半戦に上記2クラブとの対戦で稼いだ勝ち点:1

【15位:フライブルク

勝ち点:33
得点:29
失点:53
今後の対戦:ボルシアMG(A)、アウクスブルク(H)
今季前半戦に上記2クラブとの対戦で稼いだ勝ち点:4

【16位:ウォルフスブルク

勝ち点:30
得点:31
失点:43
今後の対戦:ライプツィヒ(A)、ケルン(H)
今季前半戦に上記2クラブとの対戦で稼いだ勝ち点:1

【17位:ハンブルガーSV

勝ち点:28
得点:27
失点:49
今後の対戦:フランクフルト(A)、ボルシアMG(H)
今季前半戦に上記2クラブとの対戦で稼いだ勝ち点:0

【18位:ケルン

※2部への降格決定