Summary

  • 2017/18シーズンのブンデスリーガは最終節のみ
  • 残留争いに沈む下位3クラブ、降格・残留の条件をチェック
  • 第33節でマインツの残留が決定

2017/18シーズンのブンデスリーガもついに残り1試合となった。第33節では、武藤嘉紀の所属するマインツが残留を確定した一方、酒井高徳と伊藤達哉の17位ハンブルガーSV、16位ウォルフスブルク、15位フライブルクが黒星。残留争いの行方はこの3チームに絞られている。

※現在の順位表はこちら

【15位:フライブルク

<ブンデスリーガ残留>
・フライブルクが引き分け以上だった場合
・ウォルフスブルクが引き分け以下だった場合

【16位:ウォルフスブルク

<ブンデスリーガ残留>
・ウォルフスブルクが勝利し、フライブルクが敗れた場合

<自動降格の回避>
・ウォルフスブルクが勝利した場合
・ウォルフスブルクが引き分け、ハンブルクが10点以上の差をつけて勝利できなかった場合
・ハンブルクが引き分け以下だった場合

【17位:ハンブルガーSV

<自動降格の回避>
・ハンブルクが勝利し、ウォルフスブルクが敗れた場合
・ウォルフスブルクが引き分け、ハンブルクが10点以上の差をつけて勝利した場合

© imago / Jan Huebner