バイエルン新加入トリッソは開幕から2試合連続フル出場。早くも主力の座を掴み取っている - © gettyimages / TF-Images
バイエルン新加入トリッソは開幕から2試合連続フル出場。早くも主力の座を掴み取っている - © gettyimages / TF-Images
ブンデスリーガ

2017/18シーズンの“ベスト新加入”は誰だ?

2017/18シーズンのブンデスリーガも第2節までを終了し、現在は各国代表戦のためリーグ中断期間に入っている。そこで今回は、新天地へ羽ばたいた選手の中から“ベスト新加入”10人を選定。データを交えながら、以下に紹介していく。

1)コランタン・トリッソ(バイエルン・ミュンヘン)

    今季開幕節にブンデスリーガデビューを飾ったのは35人。そのうちゴールを決めたのはトリッソだけだった。今季開幕節、バイエルンの選手で最多のシュートを放ち(4本)、ボールタッチ数も82回と、こちらも最多だった。

2)ニクラス・ズューレ(バイエルン・ミュンヘン

    マッツ・フメルスの相棒として2試合ともフル出場。開幕戦のレーバークーゼン戦でヘディング弾をマーク。今シーズンブンデスリーガのファーストゴールを決めた。

3)デニス・ザカリア(メンヘングラートバッハ

    第2節までに66本のパスを送ったが、成功率はなんと100%。アウクスブルク戦でラース・シュティンドルとのワンツーから初ゴールを記録するなど、思い切りの良い前線への飛び出しにも注目。

- © gettyimages / Christof Stache
- © gettyimages