香川が所属するドルトムントはブンデスリーガ通算3000ゴールまであとわずか - © © gettyimages / Dean Moutharopoulos
香川が所属するドルトムントはブンデスリーガ通算3000ゴールまであとわずか - © © gettyimages / Dean Moutharopoulos
ブンデスリーガ

来季誕生!?記録の数々を紹介

2017/18シーズンのブンデスリーガおよび同2部の詳細日程が6月29日に発表され、当サイトのソーシャルメディアではその様子がライブストリームで配信されることも決まった。そこで今回は、約2カ月後に開幕を迎える来季ブンデスリーガで誕生の可能性がある記録を、以下に紹介していきたい。

ブンデスリーガ史上初の5連覇を達成したバイエルン・ミュンヘンの、同リーグ6連覇。

バイエルンが6連覇を達成すると同時に、フランク・リベリは史上5人目のリーグ優勝8回を経験した選手となる。

バイエルンは現在ブンデスリーガ通算勝ち点が2972。過去5シーズンは平均86ポイントを獲得しているだけに、史上初の通算3000ポイント到達はほぼ確実。

2015/16シーズンにはロベルト・レバンドフスキが30ゴールを決め、外国籍選手のシーズン最多得点記録を更新。しかし今季ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンが31得点をマークし、たった1年でこの記録を更新した。果たして来シーズンにも新記録が誕生するか!?

- © gettyimages / Christof Koepsel