2017年に頭角を現した(左から)アープ、マッケニー、オギュスタン - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
2017年に頭角を現した(左から)アープ、マッケニー、オギュスタン - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

2017年に台頭した新星を紹介

2017年のブンデスリーガではロベルト・レバンドフスキやハメス・ロドリゲス、ピエールエメリック・オバメヤンといったビッグネームが期待どおりの躍動を見せた一方、新星たちの台頭も目立った。その中でも特に輝きを放った期待の若手5選手を紹介する。

ウェストン・マッケニー(シャルケ)

ルール地方で注目を集めるアメリカ人はドルトムントのクリスティアン・プリシッチだけではない。2016/17シーズンの最終戦でブンデスリーガデビューを飾ったマッケニーはすぐさま才能の片鱗を見せてシャルケファンの心を惹きつけた。ドメニコ・テデスコ監督が就任した今季はトップチームに定着し、前半戦の17試合中13試合に出場。1試合の平均走行距離はチーム最長の約13キロを誇り、持ち前の運動量でレオン・ゴレツカやナビル・ベンタレブらの活躍を支えている。

- © gettyimages / Lars Baron
- © imago / Sven Simon
- © gettyimages / NORBERT SCHMIDT/AFP/Getty Images
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Strubel
- © imago