今季のブンデスリーガで評価を急上昇させた5人の若者を紹介する
今季のブンデスリーガで評価を急上昇させた5人の若者を紹介する
ブンデスリーガ

評価を急上昇させた5人の若者

2016/17シーズンのドイツサッカーシーンも、先週末にブンデスリーガ最終節が終了し、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトと、香川真司のドルトムントによるドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝、そしてウォルフスブルク対ブラウンシュバイクによる入れ替え戦セカンドレグを残すだけとなった。 今回はシーズンの締めくくりとして、2016/17シーズン開幕からチームを牽引し、前評判以上のパフォーマンスを見せてくれた5人の若者を紹介する。

ティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)

ブンデスリーガ2部へ降格したシュトゥットガルトから、昨夏ライプツィヒへ移籍を果たしたウェアナー。 「シュトゥットガルト育成組織が生んだ最高傑作」という肩書も虚しく、昨季は6得点4アシストの成績に終わり、幼少期から籍を置いていたクラブを残留に導くことはできなかった。ところがライプツィヒに移籍した今季は、31試合出場21得点という大車輪の活躍を見せ、得点ランキング4位。ドイツ人選手の中では最多のゴールをマークし、同国代表デビューも果たした。

- © gettyimages / Boris Streubel
- © imago
- © gettyimages / Stuart Franklin
- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Boris Streubel