ブンデスリーガ史上の最速ゴール記録は9秒だが、今季も電光石火のゴールが続々と生まれている
ブンデスリーガ史上の最速ゴール記録は9秒だが、今季も電光石火のゴールが続々と生まれている
ブンデスリーガ

2016/17シーズン、最速ゴールランキング

ブンデスリーガの最速ゴール記録はレーバークーゼンのカリム・ベララビとケビン・フォラント(当時ホッフェンハイム)が持つ9秒だが、今季もここまで電光石火のゴールが生まれている。そこで、第21節終了時点の最速ゴールランキングを発表。ヘルタ・ベルリンの原口元気が第19節のインゴルシュタット戦で決めた先制点もトップ5に入っている。