15年間のプロ生活で様々なタイトルを獲得したバイエルンのラームは今季限りでスパイクを脱いだ - © gettyimages / Thomas Niedermueller
15年間のプロ生活で様々なタイトルを獲得したバイエルンのラームは今季限りでスパイクを脱いだ - © gettyimages / Thomas Niedermueller
ブンデスリーガ

今季ブンデスリーガ、ベストハイライト10選

悪性腫瘍からのカムバック、ワールドチャンピオンのキャリア終焉、ブンデスリーガ通算5万ゴール――5月20日に終了した2016/17シーズンのブンデスリーガについて、当サイト独語版が選んだベストハイライトを下記に紹介していく。

【ベスト“グッドバイ”】

マイスターシャーレ(優勝皿)を掲げること8回、しかしその姿は今回で見納めとなった。バイエルン・ミュンヘンとシュトゥットガルトで15年間にわたるプロ生活を過ごし、公式戦652試合に出場したフィリップ・ラームが、今季限りでスパイクを脱いだ。1989年にミュンヘンのアマチュアクラブ、FTゲルンでサッカーを始めた少年は、11歳の時にバイエルン下部組織に入団。シュトゥットガルトへの武者修行を経て、ドイツ最大のクラブ、そしてドイツ代表の顔と呼ぶべき存在となった。2013年にクラブで3冠を獲得し、2014年にはワールドカップ・ブラジル大会を制覇したラームには、バイエルンから引退後のスポーツディレクター職のオファーも届いたが、数々の激戦をくぐり抜けてきたラームはこれを固辞。「まずは休暇を楽しみたいですね。その後はすべてのことが起こりえますが」と話し、しばらくは心身を休める意向を伝えている。

※「最終節直前、ラーム独占インタビュー」はこちら

- © gettyimages
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann
- © gettyimages / Oliver Hardt
- © gettyimages / Sudheimer / Bongarts
- © gettyimages / Maja Hitij
- © imago / Eibner
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
- © gettyimages / Alexander Scheuber
- © imago / Eibner
- © imago / osnapix