ケルン加入3年目の大迫は2016/17シーズン、7得点6アシストでチームの欧州リーグ(EL)出場権獲得に貢献した - © © imago
ケルン加入3年目の大迫は2016/17シーズン、7得点6アシストでチームの欧州リーグ(EL)出場権獲得に貢献した - © © imago
ブンデスリーガ

2016/17シーズン、ケルンのトップ10ゴール

25年ぶりに欧州カップ戦への出場権を獲得したケルンにとって、昨季はまぎれもなく成功を収めたシーズンだった。エースのアントニー・モデステは25得点を挙げ、レギュラーの座をつかんだ大迫勇也も大事な場面でゴールを決めるなど、ケルンサポーターから高く評価されている。そのケルンの2016/17シーズンのゴールをランキンング形式で紹介。同シーズン日本人最多の7得点を挙げた大迫のスペクタクルなゴールは果たして何位にランクイン!?

【10位】
ミロシュ・ヨイッチ(第27節アイントラハト・フランクフルト戦)

【9位】
クリスティアン・クレメンス(第28節メンヘングラートバッハ戦)

【8位】
大迫勇也(第5節ライプツィヒ戦)

【7位】
アントニー・モデステ(第25節ヘルタ・ベルリン戦)

【6位】
大迫勇也(第25節ヘルタ・ベルリン戦)

【5位】
ジモン・ツォラー(第32節ブレーメン戦)

【4位】
ルーカス・クルンター(第33節レーバークーゼン戦)

【3位】
アントニー・モデステ(第16節レーバークーゼン戦)

【2位】
アントニー・モデステ(第6節バイエルン・ミュンヘン

【1位】
マーセル・リッセ(第11節メンヘングラートバッハ戦)