Summary

  • 2部第32節2日目、原口と宇佐美のデュッセルドルフはドレスデンと激突
  • デュッセルドルフには自力でブンデスリーガ昇格の可能性

ブンデスリーガ2部第32節2日目が4月28日に開催され、原口元気と宇佐美貴史が所属する首位フォルトゥナ・デュッセルドルフは、デュナモ・ドレスデンの本拠地に乗り込む。この試合の結果次第では自力でのブンデスリーガ昇格を可能とする前者は、果たして6年ぶりの歓喜を手にすることができるだろうか。

【データ&トリビア】

・デュッセルドルフは前節4試合ぶりの勝利を飾り、連敗を3でストップ。

・デュッセルドルフが今節ブンデスリーガ昇格を達成する条件は、数パターンある。①デュッセルドルフが勝利する②デュッセルドルフが引き分けに終わり、3位キールが引き分け以下③デュッセルドルフが敗れ、3位キールが敗れ、4位レーゲンスブルクが引き分け以下。

・デュッセルドルフはリーグ最多の17勝を挙げている。

© gettyimages / Alex Grimm

・デュッセルドルフは前節10試合ぶりの無失点。それ以前の9試合では計18失点を喫していた。

・デュッセルドルフのアウェー戦勝利数はリーグ2位の7回。しかしアウェー直近5試合のうち4試合は黒星を喫している。

・デュッセルドルフのゴール数はリーグ3位タイの51得点。首位はキールの59得点、2位はニュルンベルクの55得点。

・先制ゴールを決めた試合数は、デュッセルドルフがリーグ最多で22試合。

・直近4試合でドレスデンが黒星を喫したのは1度。しかし勝利も1度だけ。

© gettyimages / Alex Grimm

・試合に出場した選手の今シーズン平均年齢は、ドレスデンがリーグトップクラスの若さで24.9歳。

・先制に成功した試合に限れば、ドレスデンは直近9試合負けなし。

・ドレスデンは直近4試合のホームゲームで1勝しか挙げていない。

・過去に行われた公式戦での同カード成績は、デュッセルドルフの4勝6敗6分。直近6試合ではドレスデンが3勝3分と無敗を守っている。今季前半戦ではデュッセルドルフが1ー3で敗れた。