Summary

  • ブンデスリーガ2部第28節最終日、ダルムシュタット対デュッセルドルフ
  • 17位vs首位という対照的な両チーム

ブンデスリーガ2部第28節最終日が4月2日に開催され、原口元気と宇佐美貴史が所属する首位フォルトゥナ・デュッセルドルフは、降格圏17位に沈むダルムシュタットの本拠地に乗り込む。ブンデスリーガ昇格に向けひた走る前者と、2部残留を至上命題とする後者の対決は、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。

【対戦データ&トリビア】

・ダルムシュタットは直近10試合のうち9試合でゴールを記録。ただし、デュッセルドルフも直近10試合で毎回ゴールを決めている。

・直近8試合のうちダルムシュタットが無失点で試合を終えたのは1度だけ。デュッセルドルフも直近9試合で無失点ゲームを演じたのは1度。

・ダルムシュタットは今季計21試合で、ハーフタイム突入時にビハインドを背負っている。しかしそのうち10試合は最終的に勝ち点を稼いだ。

・今季警告を受けた回数は、ダルムシュタットがリーグトップで65回。

・ダルムシュタットは今季、リーグトップの計30人を試合で起用している。なお、試合で起用された選手の平均年齢は27.6歳と、2部で最も高齢。

© gettyimages / Lukas Schulze

・デュッセルドルフは今季、対戦相手にPKを7度与えている。リーグ最多。

・デュッセルドルフは今季、先制点を決めた試合が21試合でリーグトップ。

・昨季ダルムシュタットはブンデスリーガに在籍し、デュッセルドルフは最終節で同2部残留を決めた。しかし両者がともに2部で戦っている現在、デュッセルドルフはダルムシュタットを25ポイント上回り、互いの状況は真逆のものとなっている。

・デュッセルドルフはダルムシュタット戦直近5試合を全勝。ダルムシュタットがデュッセルドルフに勝利した最後の日は1989年4月1日。舞台は今と同じブンデスリーガ2部だった。

・両者は1978/79シーズンと1981/82シーズンにブンデスリーガで対戦経験があるが、その4試合でデュッセルドルフは2勝2分と負けなし。