Summary

  • シャルケをブンデスリーガ2位に導いたテデスコ監督
  • 無名の存在から1年でリーグで最も注目される指揮官の一人に

シャルケのドメニコ・テデスコ監督にとって、2017/18シーズンはあらゆる物事が急ピッチで進んだ1年だった。「マクドナルドに行ってビッグマックを注文し、店でリラックスすることができなくなった。行ったとしても、今はドライブスルーだけだろうね」。32歳の青年監督はそう言って笑うが、猛烈なスピードで評価を高めた指揮官にとって、無名の市民ではなくなったこと、食生活がわずかに改善されたことはほんの些細な出来事でしかない。

テデスコ監督はシャルケで確固たる地位を築き、今やブンデスリーガで知らない者はいない有名人となった。しかし、2017年の初頭まではドイツサッカー界ではほとんど無名の存在で、目利きと言われるひと握りの人々の間でしか彼の名前が語られることはなかった。

1年前にドイツ国外でテデスコ監督の存在を知っていた者はほとんどいない。当の本人でさえ当時の記憶は曖昧で、「あっと言う間に時間が過ぎていった。光の速さだった」と認めている。13カ月前、人々はホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督の手腕に目を丸くしていたが、指導者養成コースでナーゲルスマンよりも良い成績を収めていたテデスコ監督が、同じクラブのU-19チームを率いていたことには誰も注目していなかった。

「家族は以前と同じように暮らそうとしている。小さな娘と公園で遊んだり、スーパーマーケットで買い物をしたりしているよ」。テデスコ監督は有名になったことで起こる日常生活の変化を可能な限り小さくしようと努めている。しかし、本人が「光の速さだった」と話すように、サッカー界は1年という期間の概念を変えてしまったようだ。

2017年3月8日にアウエの指揮官に任命された時でさえ、その出来事は大きなニュースにはならなかった。何しろ、当時のアウエはシーズン終了まで残り11試合の時点でブンデスリーガ2部の最下位。残留圏との勝ち点差は11ポイントも離れていた。

アウエのヘルゲ・レオンハルト社長は初めてトップチームの指揮を任された青年監督に、「チームを残留させ、成長させなければならない」とプレッシャーをかけた。それに対してテデスコ監督はこうコメントした。「ここに来ることができて満足しているし、幸運だ。クラブは私が納得するコンセプトを示してくれた。ここでは誰もがサッカーを愛していると感じられる」

チームに関わる人々はすぐにテデスコ監督を愛するようになる。残留のために必要だった最終節での引き分け(フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦)を含め、11試合を6勝2分け3敗の好成績で乗り切ってアウエを2部残留に導いた。ライバルチームの結果もテデスコ監督にとっては有利に働いたと言える。才能も運も持った監督だ。

© gettyimages / Alex Grimm

シャルケはトップレベルでの指揮経験がない若手監督を思い切ってチームに迎え入れることに決めた。そして王者バイエルン・ミュンヘンに次ぐ2位を確保した今、テデスコ監督を抜擢したクリスティアン・ハイデルSDは堂々と町中を歩くことができるだろう。

この成功の秘密は何だろうか? アウエの指揮官に就任した時、テデスコ監督は「選手を中心にして戦う」と説明していたが、その哲学をシャルケでも見事に植え付けた。今季、際立ったパフォーマンスを見せたナルドは、指揮官についてこう説明する。「監督は選手全員に対して、君はものすごく重要だと言うんだ。それを言葉だけでなく態度でも示す。全員が同じように扱われる。年齢は関係ない」

「戦術は大事だが、最も重要なのはリーダーシップだ。結局は11人とさらに数人が私と一緒になって困難に向かう気持ちを持たなければならない。向かわなければならないんだ」。そう説明するテデスコ監督は、選手に信頼を寄せることで最高のパフォーマンスを引き出すことに成功した。マックス・マイヤーは本来の攻撃的MFからより深い位置にポジションを変えて素晴らしい成果を上げた。レオン・ゴレツカもテデスコ監督の下で成長を遂げた。

忘れてはならないのは、現在のシャルケは欧州カップ戦出場権を逃した昨季のメンバーとほぼ同じであるという点だ。さらに、常に2桁得点を挙げてチームに貢献してきたクラースヤン・フンテラーが抜けている。しかしシャルケはフンテラーの抜けた穴を11人全員でカバーした。GK以外で今季得点を挙げていないのはわずかに7人。さらにチーム総失点はリーグで2番目に少ない。

© imago / DeFodi

失点を減らし、最少得点差で勝ち点を拾っていく戦い方は効率的である反面、魅力的なサッカーを好む熱狂的なシャルケサポーターの不満の一因ともなった。しかし、この批判についてテデスコ監督は、「勝ち点を獲得するための方法やプレースタイルについて謝罪をする必要はない」と反論している。

ボール支配率が50パーセントを下回る試合も少なくないが、その指摘についても「ポゼッション率はいいプレーをしたとか、美しいサッカーをしたとか、そういうものの指標にはならない。センターバックの間で永遠にボールを回し続けることもできるが、私はポゼッションを80パーセントにする方法を考えているわけではなく、試合に勝つための明確なゲームプランを作っているんだ」とコメントしている。

今ではサポーターの多くが、指揮官がチームに何をもたらしてくれるのかを知っている。テデスコ監督がフェルティンズ・アレーナでチームにもたらすのは、高いポゼッションではなく勝ち点なのだ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze/Getty Images