第7節のバイエルン戦でブンデスリーガ初ゴールを挙げたドゥダ - © © imago / Camera 4
第7節のバイエルン戦でブンデスリーガ初ゴールを挙げたドゥダ - © © imago / Camera 4
ブンデスリーガ

2年目のドゥダが待望の初ゴール!

ヘルタ・ベルリンのオンドレイ・ドゥダが、10月1日に行われた第7節のバイエルン・ミュンヘン戦でブンデスリーガ初ゴールを記録した。チームは昨季王者相手に2点差を追いついて貴重な勝ち点1を獲得。苦しい時期を乗り越えてきたドゥダにとっては忘れられない一戦となった。

ケガに泣かされ続けた1年目

ドゥダはスロバキア代表の中心選手として昨夏の欧州選手権に出場、大会終了後に鳴り物入りでヘルタにやって来た時は新たな攻撃の中心として期待されていた。しかし、プレシーズン中にひざを痛めていきなり7カ月の離脱。2月末にようやく復帰したものの、直後に再度の離脱を強いられて1年目の出場はわずか3試合(67分)に終わった。

それでも2年目は上々のスタートを切り、バイエルン戦で今季4度目の先発出場。父親も観戦する中、ついにブンデスリーガ初ゴールを記録した。「ホッフェンハイム戦、レーバークーゼン戦でもチャンスはあったけど、ようやく決めることができた。1年も待ち続けたゴールだから本当にうれしいよ。でも、それ以上にうれしいのは勝ち点を取れたことだね」

- © imago / Camera 4