106回目を迎えた伝統の一戦“北部ダービー”は2ー1でブレーメンが逆転勝ちしている - © © imago / Nordphoto
106回目を迎えた伝統の一戦“北部ダービー”は2ー1でブレーメンが逆転勝ちしている - © © imago / Nordphoto
ブンデスリーガ

106回目の“北部ダービー”はブレーメンに軍配

4月16日、ブンデスリーガ第29節最終日が行われ、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは敵地でブレーメンと対戦し、1ー2で逆転負けした。酒井はボランチでフル出場している。

ブレーメン 2ー1 ハンブルク

キックオフのホイッスルから33秒後、ホームのブレーメンがいきなり魅せる。右サイドのグリリッチュがDFとGKの間に絶妙のクロスボールを通すと、ゴール前に飛び出したのはクルーゼ。早くも先制点が生まれるかと思われたが、至近距離からのシュートをハンブルク守護神マテニアが完璧な反応でセーブし、ネットが揺れることはなかった。

すると6分、ディークマイヤーが右サイドにスルーパスを送り、元ブレーメンのハントが抜け出す。そこからのセンタリングをグレゴリッチが頭で合わせ、敵地に乗り込んだハンブルクがリードを奪うことに成功した。

さらに16分、酒井がブレーメン最終ラインの間にスルーパスを通すと、コスティッチがペナルティーエリア左でGKと1対1の場面を迎えそうになるが、ボールがわずかに長く、GKが一歩先にクリアしている。

22分、今度はブレーメンにチャンスが訪れる。約23mの位置で獲得したFKを、プレースキックの名手ユヌゾビッチが直接狙うも、ボールは左ポストを直撃した。

そして41分、中盤でボールを奪ったブレーメンは、左サイドのガルシアからファーサイドへ長いクロスを送る。このボールをゴール右のバーテルスがダイレクトで折り返し、ヘディングで押し込んだのはクルーゼ。試合は1ー1の振り出しに戻った。

- © gettyimages / Martin Rose
- © imago / Nordphoto