カストロ(写真)は少年時代から所属するレーバークーゼンを離れドルトムントへ移籍することを決断した
カストロ(写真)は少年時代から所属するレーバークーゼンを離れドルトムントへ移籍することを決断した
ブンデスリーガ

ドルトムントが選手補強

香川真司

丸岡満

が所属する

ドルトムント

は5月24日、

レーバークーゼン

からMF

ゴンザロ・カストロ

を獲得したことを発表した。契約は2015年7月1日から4年間となっている。 現在27歳のカストロはドイツ代表として国際Aマッチ5試合に出場した経験を持ち、12歳から所属するレーバークーゼンではブンデスリーガ286試合出場、25得点57アシストの成績を残していた。 スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は「テクニックに優れ、経験豊富な中盤の選手を獲得できてうれしい。彼は様々なポジションでプレーが可能だ」と語っている。