創設10年目のインゴルシュタットがブンデスリーガ2部での優勝を決め、来季から1部に参戦することになった
創設10年目のインゴルシュタットがブンデスリーガ2部での優勝を決め、来季から1部に参戦することになった
ブンデスリーガ2部

インゴルシュタット2部優勝

ブンデスリーガ2部第33節は5月17日に全9試合が行われ、首位のインゴルシュタットが2位との勝ち点差を7に広げ、1試合を残して2014/15シーズンの優勝を決めた。来季からチーム初のブンデスリーガ1部へ昇格する。

インゴルシュタットは第8節から首位を独走。今節はライプツィヒに先制されたが、2-1で逆転勝利を収め、ホームのサポーターとともに優勝と昇格の喜びを分かち合った。

クラブは2004年に創設されたばかりで、2008/09シーズンに2部昇格。翌シーズンは3部へ降格するも、2010/11シーズンに再昇格を果たした。過去4シーズンの最高成績は昨季の10位だった。