ケルンのFWウジャーは来季からブレーメンでプレーすることが決定した
ケルンのFWウジャーは来季からブレーメンでプレーすることが決定した
ブンデスリーガ

大迫と長澤の同僚ウジャー移籍

大迫勇也

長澤和輝

が所属する

ケルン

、そして

ブレーメン

は5月5日、ケルンに所属する

アンソニー・ウジャー

が今シーズン終了後にブレーメンへ移籍することを発表した。 ナイジェリア代表FWウジャーは今シーズンここまで10得点3アシストの成績を残し、ケルンの攻撃陣を引っ張る存在だったが、先日メディカルチェックをすでに済ませており、ブレーメンと来シーズンから2019年6月30日までの4年契約を締結した。 スポーツ担当取締役のトーマス・アイヒン氏は「とてもスピードがあり、得点能力も高い彼を獲得するため、我々は非常に長い間力を注いできた。彼はまだ我々の下でさらに成長してくれるだろう」と喜びのコメントを語り、またスカウティング担当のローベン・シュレーダー氏も「アンソニーは情熱的なプレーをし、勤勉で、ヘディングも強い。彼がこのクラブのプレースタイルに合致することは確実だ」と話している。 ウジャーはノルウェーリーグでプロキャリアをスタートし、2011年夏に

マインツ

へ加入。同クラブに所属した1シーズンでは12試合出場2ゴールとふるわなかったが、翌シーズンに当時ブンデスリーガ2部のケルンへ移籍。ブンデスリーガ昇格の原動力となった。