ドルトムントのMFヤクブ・ブワシュチコフスキ(写真)は第31節のホッフェンハイム戦で負傷し、全治3週間と診断された
ドルトムントのMFヤクブ・ブワシュチコフスキ(写真)は第31節のホッフェンハイム戦で負傷し、全治3週間と診断された
ブンデスリーガ

ドルトムント2選手が離脱

とが所属するドルトムントは5月4日、MFヤクブ・ブワシュチコフスキが肉離れのため約3週間離脱することを発表した。ブワシュチコフスキは5月2日に行われたブンデスリーガ第31節のホッフェンハイム戦で負傷交代していた。

また、FWアドリアン・ラモスが1日の練習中に転倒し、復帰まで最長で3カ月を要する見込みで、今季は絶望的となった。