主力を欠いたバイエルンだったが、フランクフルトに3-0で快勝。レバンドフスキ(右)は2ゴールで今季通算16得点目を挙げた
主力を欠いたバイエルンだったが、フランクフルトに3-0で快勝。レバンドフスキ(右)は2ゴールで今季通算16得点目を挙げた
ブンデスリーガ

データが語る!

4月11日に行われたブンデスリーガ第28節で、とが所属するアイントラハト・フランクフルトバイエルン・ミュンヘンに0-3で敗れた。この試合をデータで振り返る。

    バイエルンは勝ち点を70に伸ばし、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場を確実なものにした

    バイエルンはフランクフルトとの直近6試合をすべて勝利している

    フランクフルトはアウェー戦で8試合未勝利、ここ4試合は敗れている

    フランクフルトの失点数は昨季と同数の57になった

    ブンデスリーガ史上初、1チーム(バイエルン)に4人のスペイン出身選手が同時に出場した(ホセマヌエル・レイナ、ティアゴ・アルカンタラ、シャビ・アロンソ、フアン・ベルナート)

    バイエルンのFWロベルト・レバンドフスキはここ8試合で9得点を挙げている。この試合ではフランクフルト全体のシュート(4本)の約2倍となる7本のシュートを放った

    バイエルンのFWトーマス・ミュラーは今季13得点目を挙げ、自身のシーズンレコードを更新した。13得点のうちフランクフルトから4ゴールを奪っている

    バイエルンのMFティアゴ・アルカンタラは約1年ぶりの先発となった。この日が24歳の誕生日だった同選手は、1対1の競り合いで今節トップの72%の勝率を記録し、76回のうち71回のパスを成功させた

    フランクフルトのGKケビン・トラップは6本のシュートをセーブしたが、チームは大敗となった

    フランクフルトは今季初めて、一度もCKを獲得できなかった